スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

こわいお話

1-1_20170305084641be9.jpg




少々こわいお話しです。



「気象遭難」



春・夏・秋・冬


それぞれの時期で起きた大きな山岳遭難



雪崩、突風、落雷など

予測はあったかもしれないけど

偶発的でもありそうな事故



気象悪化による事故




5年ほど前の

北海道トモラウシ山での遭難も載っています。
               トムラウシ




関係者の方から後日聞き取った内容を


載せています。




中には遭難している登山者の横を素通りする

パーティーの様子も・・・





う~~~ん


とにかくなまなましくて怖い





少人数だと判断は早いかもしれませんが


パーティーの人数が多いと


言えなかったり、無理をして判断が遅れることも・・・






印象的な部分だけを抜粋で




「山での厳しい状況下では、装備の差が最終的に生死を分けることがある。

だが、そういう状況下に追い込まれる以前に引き返していれば、なにも問題は起こらない。


いちばん重要なのは、天気がどんどん悪化するなかで、

しかも装備な不十分な状況下では、いかに早く

“引き返す”

判断ができるかどうか、なのだと思う」









調子が良くなかったり

不安があれば自分一人でも、とどまるか引き返す

でしょうか。




ホントに怖いお話しばかりです。



遭難事故は、過ぎてしまえば

そんなこともあったなあと

過去のものになりがちですが





こういうことだったのかと知っておくことも

大切かもしれません。。。
















関連記事

朔日餅



1-1_20170302215455da5.jpg 





朔日餅(ついたちもち)





伊勢には、毎月一日は普段より早く起きて

神宮へお参りする「朔日参り」というのがあるそうです。





写真は

伊勢、赤福餅が作った

朔日餅


月ごとによってその内容は変わります。






このお餅は、予約であちこちで売られるようですが

お店で食べるとなると


(県内では)二か所だけしかありません。



伊勢の本店と

御在所SAの二か所だけ。





写真は御在所SAにて


店で食べるのは予約不要ですが

100食限定




たまたま


たまたま


ありつきました。




3月1日は水曜日

到着したときに妙に人が多い

しかも同じ包みをお土産にしている。。。。


気がつかなかったのであります~


だいぶ時間が過ぎてから気がついて


売れきれ直前に注文したもの。。。


お昼が目的でしたが


月始めだけの思わぬ経験となりました。







ちなみに

(なにしろお昼のみが目的でありましたので)

お参りはしておりません。。。。。














関連記事

梅園





1-1_20170228233813e49.jpg 


2-2_20170228233821a83.jpg 


3-3_20170228233820a56.jpg 


4-4_20170228233820ca8.jpg 



あちらこちらから

梅の便りが届いていますね。



こぶっちょも


ぼちぼち見ごろかなあ~


ということで


梅園に。




愛知県植木センターという場所です。



県の緑化施設なので無料~~




今の時期は梅の花です。



満開に近い木が数本




3月4日、5日は梅まつりが開催されますが



混雑前にゆっくりと見ることができました。












関連記事

ひなまつり?

1-1_2017022622544513e.jpg 




ひなまつり


と言っても


食べたり飲んだり


ですが・・・


2-2_201702262254471b8.jpg 




あまりきれいに撮れてはいませんが


蟹巻



節分には太巻きはパスしたので

これで丁度埋め合わせ?が





ところで


ひな祭りには白酒







3-3_20170226225448423.jpg 





写真は白酒とは違いますが


甘酒




酒蔵吟醸甘酒



善光寺門前の酒蔵が造っているもの。







ホントは清酒購入の予定でしたが


試飲したら


ナント昔懐かしい味


清酒はやめて


急きょ甘酒を購入




もちろん

アルコール分0%



開けてしまうと日持ちはしないので


早々に

でも


ちびちびと


いただくことといたします。。。。




失礼いたしました~
関連記事

人生山あり谷あり


1-1_2017022517432422b.jpg  





最近ちょっと山には行っていないのでありますが


本のお話


「人生 山あり ときどき 谷あり」


昨年亡くなった田部井淳子さんの本です。



お勧めするということではありませんのであしからず。。。




この中で田部井さんは

自分は登山家ではない。登山を楽しむ愛好家と言っています。


登山が何よりも良いのは他人と競争する必要はなく

それぞれが自分なりに楽しめば良いこと。



病気になってからも「病人にはならないぞ」で

山登りを楽しんだこと。


そして家族への感謝の言葉


どれも話し言葉のようにスッと入ってくる内容になっています。



あまり書きすぎてもいけませんが

年をとってからの友達づきあについても少し書いています。



要約すると


余分なことは聞かない。


家族や自分の自慢をしない。


もしも聞いたら


「そう いいねえ」」と聞き流す


などなど。



あとは「登山の愛好家」らしく山小屋のお話や

温泉


リーダーになったときの失敗談など。




160頁ぐらいでぱらぱらめくるだけでもスッと入ってきますよ。






























関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。