スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ジャンダルム

23.10.10


奥穂高岳をあとに
ジャンダルムへ向かいます。

三重の山男さんも
「様子見ながら行きましょうね~」


「様子みて途中でもOKですよ~」
と、なんだか安心します。


だんだん近づいてきます。
このあたりまではふつうの稜線です。

087.jpg


直前にとがった岩のギザギザが…
「ウマノセ」だそうです。

三重の山男さんが
「ここは迂回し、帰りに通りましょう」で

より危険度の少ない道を探してくれました。


088.jpg


いきなり、ウマノセを超えてしまいましたが
写真撮る余裕なんぞはございません。

岩場を伝ってきましたよ~

帰り道はこれを登るのであります。
「下見ちゃいけませんよ~ 足元だけをしっかり見てくださいね」と。

そのとおりにいたしましたが、チラッと見たら
遥か下まで切れ落ちた崖でした。



090.jpg



ウマノセを過ぎて振り返って見ています。
奥穂高岳方向。

091.jpg



だんだんと近づいてきました。

095.jpg


更に近づいてきました。
ジャンダルムの手前に見えているのが


どうやら難所の
ロバの耳らしい


ここも危険度のより少ないルートを
慎重に探していただけました。


096.jpg



どの辺りかはっきりとはしませんが
ロバの耳直下の鎖場だと思います。


三点確保  三点確保 慎重に 慎重に…

足がかりになる石の多くが浮石
手がかりの岩もしっかりしているようで

ぐらぐら動くものがあります。
慎重に~~~


この近くだっかた
すねを岩にぶつけています。

両足とも

今も多少こぶになって残っていますが
そのうちに治ることでありましょう…


鎖場は必ずあるとは限らず
ここにこそ欲しいのに~
ない。。。。

何か所かそんな場所がありました。


100.jpg


眼前に迫ってきました~

足場は写真左下の細めのルートを歩いて
行きます。

両側切れ落ちていますが
普段どおりにまっすぐに

決してふらっとしませんように~~~


103.jpg


いよいよ目の前まで来ました。

104.jpg




ついに

ついに

頂上に立ちました~~~

後ろに見えているのは
奥穂高岳です。


ほんとにこの頂に立てるとは
思っていませんでした!

三重の山男さんに感謝です。
ありがとうございます!

109.jpg



ジャンダルムから上高地を見ています。

いつまでも居たいところですが
そうもいきません。

下山…というか奥穂高岳に戻ります。
ウマノセの登り以外は同じルートとなるのですが


これがやっぱり三重の山男さんの案内で
無事に帰ることができました。

くだりのルートも
更に慎重に…



113.jpg


ウマノセの手前あたりで
ジャンダルムを振り返りました。

ガスがのぼってきています。

115.jpg


同じ写真使ってますが
ウマノセ

奥穂高岳へのもどりは
このエッジ状のへりを伝っても登りました。


090.jpg


奥穂高岳山荘の近くまで戻ってきました。

ここからが時間かかったのでありました。


日陰に雪
踏み固められていてツルツルの場所が


更に梯子と鎖場の渋滞で時間かかりました。



121.jpg



涸沢ヒュッテに戻って

祝杯

かんぱ~い


124.jpg



ジャンダルムからの風景です

[広告] VPS



涸沢岳にガスがかかってきました。
奥穂高岳山荘への帰路に撮りました。

[広告] VPS




涸沢の写真も
10月11日 下山時に撮影



128.jpg


長々と書きましたが
これで涸沢~奥穂高岳~ジャンダルム
はおしまいです。

あらためて
三重の山男さんへ

「ありがとうございました!」
スポンサーサイト
やりましたね~

いやぁ~やりましたねぇ~~~。。。いかちゃんもチャレンジの機会をうかがっているのですが
参考になりました(^O^)♪ ♪ ♪

2011.10.20 08:10 いかちゃん #ssipyxQM URL[EDIT]

おはようございます
改めまして、奥穂高・ジャンダルム登頂
おめでとうございます!
初めて登ったときは、凄く感激したことを
思い出しました。ずっといたいと思って
何回もくるようになりました。
長くいて30分なので、あの場所に座って
ゆっくりするのが楽しみになっています。
登った人だけ味わえる至福の瞬間ですね!

2011.10.20 08:37 三重の山男 #- URL[EDIT]
達成おめでとうございます

おはようございます
ジャンダルム達成おめでとうございます
それにしても険しい道のりで命懸けですね
びっくりしました~
その分達成感も凄いのでしょう
皆さんで乾杯が溜まりませんね~♪

2011.10.20 09:48 kanarin #mQop/nM. URL[EDIT]
登頂お目出度う御座います。

今日は~
カミサンと西穂高岳からジャンダルムを見たときは登れるのかと思うくらい厳しい姿をしてました。
三重の山男さんがご一緒で良かったですね。

2011.10.20 14:11 ma_kun #.RdIxHx. URL[EDIT]
登頂おめでとうございます

山は天気、特にこの時期は天気を見ることが重要ですね。
若い頃登った日は、気象用語でいう「異常視程」の日でした。穂高から槍まで一跨ぎできそうで、、、立山まで手が届きそうで、、、、とにかく非常に近くに見えました。
穂高の山はいろいろ思い出があるところですが、いま行くのは厳しそうです。

2011.10.20 17:46 tori-chu #jklN4Ufw URL[EDIT]
いやあっ・・すごい!!

こんばんは
すばらしいところへ行ってきましたね。
写真で見てるだけでもかなり怖い思いがします。
以前NHKの番組で内田アナが登った映像を思い出しました。
ジャンダルムは案内人なしでは初心者は無理だと聞いてますがまさにそう感じます。

2011.10.20 20:09 大連三世 #uWlDFao6 URL[EDIT]
いかちゃんさんへ

こんばんは
はい!
やりました~
ほんとにうれしかったです。
思わずバンザイポーズで。
三重の山男さんが撮ってくれました。
いかちゃんさんも行かれますか!
やはりここは「憧れの」が付きますね。
ありがとうございます。

2011.10.20 23:29 こぶっちょ #zezkPvm2 URL[EDIT]
三重の山男さんへ

こんばんは
三重の山男さん
ありがとうございます!
おかげ様で奥穂高岳、更にジャンダルムと無事に登ることが
できました。
いや~ うれしかったです。
この場所から奥穂高岳を見ている自分が
信じられませんでした。
あの風も、あの風景もまさに至福の時間でした。
改めてお礼申しあげます。
ありがとうございました。

2011.10.20 23:39 こぶっちょ #zezkPvm2 URL[EDIT]
kanarinさんへ

こんばんは
そうなんです
この西穂高岳へ向かうルートは(逆も同じですが…)
北アルプスのなかで最難関のルートだそうです。
無事に帰ってこられて良かった~
ビ~ルの味は最高でありました。
ありがとうございます。

2011.10.20 23:48 こぶっちょ #zezkPvm2 URL[EDIT]
ma_kun さんへ

こんばんは
ありがとうございます
いや~
ほんとに三重の山男さんには
お世話になりました。
とてもこぶっちょ単独では行けませんし
そもそもルートもわかりません。
実は今日三重の山男さんと乾杯したのですが
ザイテを登るこぶっちょの様子で「行けそうだなあ」
と思ったそうです。
三重の山男さんと一緒でよかったです。
ありがとうございます。

2011.10.20 23:58 こぶっちょ #zezkPvm2 URL[EDIT]
tori-chu さんへ

こんばんは
ありがとうございます
今回は最高の天気に恵まれました。
真夏と違い登っている間は適度の冷気でした。
これでもう冬山になりますね。
それにしても涸沢の混雑ぶりはすごいです。
こぶっちょも無理なく楽しみたいと思います。
ありがとうございます。

2011.10.21 00:06 こぶっちょ #zezkPvm2 URL[EDIT]
大連三世さんへ

こんばんは
いや~ほんとに登れるとは
本人が一番驚いています。
おっしゃるように初心者の単独ではまず無理
ルートそのものがわかりにくいです。
鎖の無いところは手も足も総動員で
グイッという力も必要でした。
三重の山男さんと一緒で良かったです。
ありがとうございます。

2011.10.21 00:16 こぶっちょ #zezkPvm2 URL[EDIT]
おめでとう

こぶっちょさん:こんにちは。
このコースはかなり厳しいですよね。
話には聞いていましたが、足場が怖いらしいです。

2011.10.22 16:28 seibo #SObJYer2 URL[EDIT]
seibo さんへ

こんばんは
ありがとうございます
全く気の抜けないコースでした。
怖いというよりは
その一瞬を一生懸命でした。
落石に注意しないといけません。
落とさないように慎重に歩きました。
ありがとうございます

2011.10.22 21:02 こぶっちょ #zezkPvm2 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。