スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

大宰府天満宮

 

御神牛
1-1 


2-2 


3-3 


御神牛


自分の身体と同じ神牛の部分を祈念を込めてお互いに撫でさすれば

身体全体はもとより病気全快するといわれ

また、神牛の頭部を撫でさすれば知恵がつくと・・・





お願いは・・・

いたしました。

(この御神牛、手水舎の近くで以外と見落としそうなところに鎮座しております。)





4-4 




沢山の

ひょうたん




(以下はHPより)

天神さまがこよなく愛された梅の木の下で

「ひょうたん酒」を飲めば、不思議と難を免れるという伝承があります。

厄除祈願をお受けになられた方々には、特別なお札・お守り、

また御神酒と厄晴れひょうたんをお授けしています。

この厄晴れひょうたんの中に、お願いごとを書いた用紙を納め、

ご自宅の神棚や清浄な場所にお祀りし、災難が降りかからないよう祈願いたします。

なお、厄が晴れた時には、お礼のお参りをし、

厄晴れひょうたんを御本殿裏のひょうたん掛所へ

感謝のお気持ちを込めてお納めいただきます。






5-5 






なにげなく撮った次の写真

6-6 




良く見てみると

屋根からケヤキの木?
7-7 

どうやら

大きなケヤキの木に合わせて造った社殿のようです。


(写真を見て気が付いたもので、良く見ておけばよかったなあと思っています。)




名物の「梅ケ枝餅」
8-8 




焼きたてを出してくれます。

中は餡子でおいしかったですね。

9-9 



10-10_20160311212613bae.jpg 




これで大宰府天満宮の記事は

おしまい

です。

関連記事
スポンサーサイト
今日は

御神牛も立派ですが吹き出しには笑って仕舞いました。
学問神様だけにこの時期絵馬の数も半端ではありませんね。
厄晴れひょうたんを初めて知りました。

2016.03.12 14:37 ma_kun #.RdIxHx. URL[EDIT]
ma_kunさんへ

こんにちは
楽しんでいただいてありがとうございます^^
なにしろ時間がかかったものですから
勝手に「そのように思えた」ので吹き出しに
入れてみました~
ひょうたんのいわれはこぶっちょも知らなかったのですが
「なんでひょうたん?」と思い調べてみました。
願掛けをしてもお礼に行くのは遠すぎて難しい。
奉納はきっとお近くの方々でしょうね。

2016.03.12 17:54 こぶっちょ #nJk4gkg2 URL[EDIT]
太宰府

御神牛 大勢の参拝者になでられてピカピカですね。
瓢箪のいわれは全く知りませんでした。
見た記憶も消えています。
天気にも恵まれいい旅だったようですね。

2016.03.12 20:53 大連三世 #x9c5GV3o URL[EDIT]
大連三世 さんへ

こんばんは
りっぱな牛でした。
菅公のご遺骸を載せた牛車の
止まった場所が今の天満宮の場所とか。
どうして牛なのかと思っていましたが
そういうことらしいですね。
ひょうたんの多さにはびっくりでした。
この日は暑いくらいでしたね。

2016.03.12 21:00 こぶっちょ #nJk4gkg2 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。