御在所岳(下山編)

御在所岳(下山編)


下りようとしたところ、他の登山者に道を聞かれて話し込んだ結果

「裏登山道」入口の写真を撮り忘れてしまった。。。。



仕方がないので昨年3月のもので代用します。
「裏登山道」
この道を利用して下山です。
P3250120.jpg 




登山道脇に咲いていたショウジョウバカマ

1

国見岳への分岐
正面が国見岳
右が下山道

2



裏道も結構大きな石や岩がごろごろしている道です。
写真では見えていませんが伊勢湾方向を見ています。
3






順調に山道を下りていましたが、ふと気が付くと
道が無い。。。。

ここでしばし考え込んでしまいました。
右?左?

どうみてもこの崩落している場所は道ではない。


大きな石にとらわれて足元を見ていて
道を間違えたらしい。

結局、来た道を少し戻って
登山道に戻ることができました~
(左の林の中が登山道です)


4


更に下りてきて
またまた崩落している川原に。

が、ここは登山道です。 

5 


「兎の耳」と呼ばれている岩
クライマーがロープ張って練習中です。
6

○印に沿って歩きます。
7  



藤内小屋の屋根が見えてきました。

8 



国見尾根への分岐
この道は未だ歩いていない。

9 



藤内小屋のベンチで一休みし出発

あと一時間ほどかかります。

(手前左側の二人目が小屋のご主人らしい。
お仲間と話し込んでいましたよ)

10 


「七の渡し」
このあたり、水の流れがとてもきれいです。

11 


更に「四の渡し」を過ぎると
静かな山道となり
鈴鹿スカイライン脇の「裏道登山道」入口に到着です。
12 

鈴鹿スカイラインをしばらく歩き
またしても「裏道登山道」へ

13 


くねくねと歩いて
1合目に到着

14 



車に戻る途中に咲いていたシャクナゲ

P4270163.jpg 




片岡温泉でさっぱりして
終了です。

P4270165.jpg 


お風呂は、陽気が暖かくなったからか
外湯との窓が外されていて
さわやかに入ることができました~


おしまい







 
関連記事
スポンサーサイト
Comment (-)Trackback (0)