スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

戸隠の風景

戸隠地図


戸隠の風景

昨日の続きで書きます。


「奥社」に来ました。

参道入り口からだいたい2kmぐらいの場所です。

ゆっくりとした登り坂を歩いてきました。

奥社


右に見えているのが「奥社」

左側は「奥社」よりも古くからあるという「九頭龍社」

もともとの地神様のようです。


まさか、こんなに大勢の方々が来ているとは

思いませんでした。

お参りするまでに40分ほど待ちましたでしょうか。



写真ではわかりにくいのですが

戸隠山の直下

岩がくりぬかれたような場所に建っていました。

積雪被害を避けるための工夫、という話です。



ここから見えた「戸隠山」

木々の間から少し見えます。


戸隠山


見るからに断崖、絶壁の山です。


ついでながら

こちらは、スキー場の駐車場からみた山の風景


山2



このあとは、「中社」(ちゅうしゃ)へと向かいます。

この時期、あちこち巡るのにシャトルバスがあり

500円で1日乗り降り自由。

参道入り口までもどったらバスで移動です。



「中社」に来ました。


中社


多くを書くのはやめておきますが

「中社」は「岩戸の前で踊ったり、歌ったりしよう」と言った

「あめのやごごろおもいかねのみこと」(天八意思兼命)

を祀っており、学問の神様となっているそうです。



ご神木の杉

ご神木



もうひとつ名所になっている「三本杉」

根元は一本です。


三本杉


このあとは

お札とご朱印をいただき、そばを食べ帰路につくのですが

急な大雨となりました。


ついでながら、帰路に撮った写真も載せておきます。




往路は善光寺裏の道を登ってきました。

帰路は「鬼無里村」(きなさむら)経由で長野市内に出ます。



「アルプスの見える公園」から

ここで標高は1,000メートル少しです。


本来はここから「戸隠連峰」が見えるのですが、残念!


(民家があるのがわかりますでしょうか。

1,000メートル越える場所に普通の民家。冬はとじこめられるのではないかと思います・)


暗雲


アルプス方向も・・


雲


この日は長野市内は大雨に見舞われ

収穫直前の桃が沢山落果する被害があったようでした。




せっかくなのでネットから写真借りておきます。


戸隠山


ネットよりの戸<a href= 



アルプス方向

ネットよりのアルプス


これで「戸隠神社」はおしまいです。


なんでもかんでもイッキに載せてしまい

日記になってしまいました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いい色の「三重の山男」さんが戸隠山に登られていますので

記事の一部ですが、貼り付けておきます。


https://iiiro.jp/blog/mieyama/176502.html



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。