「山河破れて国あり」?

2011/08/04(木) 00:50:14 10.日記 THEME:日記 (ジャンル : 日記 EDIT
山河破れて国あり?




何の話かというと

作家 五木寛之さんが新聞に寄せられているお話です。

(だいぶ、こぶっちょが省略して書いてしまいますが・)


「66年前の敗戦のときは、杜甫の詩の「国敗れて山河あり」という状況だった。

国は敗れたが、日本に里はあった。

段々畑も森も川もあった。

いま、つきつけられているのは

「山河破れて国あり」という現実ではないか。


(う~ん なるほど!)



「国あり」とは



「山河破れて国なし」

と言う方もいるかも知れない。


(う~ん、辛口だ!!!)



今ほど公に対する不信、国を愛するということに対する危惧に念が深まっている時代はない。

と続く。

更に

政府の情報や数値の統計でなく、

自分の動物的感覚を信じるしかない。

と。。。。



「敗戦のときはまだ明日が見えた。

今は明日が見えない。

だから、今この瞬間を大切に生きましょう。

国は私たちを最後まで守ってはくれない。 」

と言われています。




さすが作家先生

有名な言葉を使い

「今」をうまく表現していただきました。



はたして

「国あり」なのか

「国なし」なのか


やっぱり「国」なし・・・かな


このシリーズ

まだ有名作家、詩人と数回続くそうです。

次はどんな言葉が聞こえてくるのか。

読んでおきたいと思います。




関連記事
スポンサーサイト
うぅん・・

おはようございます。
戦中(末期)生まれですが、戦後の厳しい時代はさほど記憶になく、復興すざましい世で社会人となり、バブルの世を経験してきましたが、振り返れば自分を守るとか、家族を守るとか、切羽詰まった状況に置かれることなく余生を送る身分になってしまいました。 ことが起きれば国が悪い、総理が悪い、・・・・と誰かを悪者にして気晴らししているような風潮にちょっと疑問を楫始めました。

2011.08.04 11:32 大連三世 #uWlDFao6 URL[EDIT]
大連三世さんへ

こんばんは

確かに
責任転嫁は良くはないですね。
皆さんそれぞれの立場で
一生懸命に生きていらしゃるのだと思います。
ありがとうございます。

2011.08.04 22:10 こぶっちょ #zezkPvm2 URL[EDIT]
おばんです

こぶっちょさん;おばんです
今の福島には山河もないのです・・・
この日本の未来を誰に託すのか・・・

2011.08.04 22:43 seibo #SObJYer2 URL[EDIT]
seibo さんへ

こんばんは
この記事は新聞に掲載されていたものですが
読んでみて、言い得ていると感ずるところがありました。
載せてはみましたが皆さまそれぞれ
感ずるところが違うかもしれません。

先ごろも台風の甚大な被害が
不安が残ります。

2011.08.04 23:17 こぶっちょ #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する