お釈迦様のように見えますでしょうか

【画像:472068.jpg】

472068.jpg

 


 


 


前回の続きです。


 


 


釈迦ガ岳は三重県の菰野町と滋賀県東近江市の県境に位置する


 


標高1,092メートルの山です。


 


名前の由来は、「釈迦の寝姿に似ているから」とウィキペディアに


 


あります。


 


右側に顔、へこんでいるあたりが喉、そして胸からお腹と続いているのですが・・・


 


(写真は釈迦ガ岳から猫岳に向かう途中の稜線から撮っています)


 


 


 


 


 


【画像:472069.jpg】

472069.jpg472069.jpg

 


「大陰のガレ場」


 


「釈迦ガ岳」の顔から、喉のように見える部分です。


 


今回はあの稜線は歩いていませんが、松尾尾根を歩けば


 


狭そうですが稜線歩きもできそうです。


 


(この写真は、釈迦ガ岳に登る途中で撮っています)


 


 


 


 


 


ちょっと話は戻りますが、


 


庵座谷からのコースで、釈迦ガ岳へ登る詰めです。


 


写真がへたくそ。


 


わかりにくいですが急登です。


【画像:472071.jpg】

472071.jpg

 


 


樹木の角度と岩の角度でご想像を・・・


 


難しくはありませんが両手両足総動員。


 


次へのステップが大きいところもあり、木の根をつかんだり


 


岩の角にしがみついたりしながら登ります。


 


(このあたりは、落石に注意が必要です)


 


 


 


 


話はまたまた、戻っていきますが


 


滝のお話。


 


庵座の滝のほか


 


「三段の滝」というのも急登の始まる前にありましたので


 


載せておきます。


 


 


【画像:472072.jpg】

472072.jpg

 


 


 


 


話が、あちこちにいきますが


 


釈迦ガ岳の最高点に到着です。


 


【画像:472073.jpg】

472073.jpg

 


実はここ釈迦ガ岳の頂上ではなく「最高点」


 


??


 


よくわからないところはあるのですが


 


ここは松尾尾根の続きの場所でここが最高点らしい。。。


 


狭いです。


 


【画像:472079.jpg】

472079.jpg

 


 


この場所は、下の写真では胸部分のこんもりしたところです。


 


【画像:472083.jpg】

472083.jpg

 


山頂はここから稜線を5分ほど歩いたこちら。


 


こんもりした胸部分から左側方向にあります。


 


【画像:472080.jpg】

472080.jpg

 


 


こちらが「釈迦ガ岳」の頂上


 


ここも狭いです。


 


【画像:472081.jpg】

472081.jpg

 


 


 


ここからの景色は三重県側だけ


 


滋賀県側は樹木の向こう側になり眺望はありません。


 


【画像:472082.jpg】

472082.jpg

 


 


7時半ごろから登り始め、休憩時間含めて3時間ほど。


 


まだお昼には早いので次の猫岳に向かいます。


 


 


 


 


こちらは、最高点から見た御在所岳の方向です。


 


【画像:472084.jpg】

472084.jpg

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

関連記事
スポンサーサイト
No title

こっぶちょさん、
相変らずの健脚振りを発揮しておりますね。
言われてみれば、確かに寝釈迦に似て見えますよ。
当地宮島の島影は「寝観音」と言われております。

2010.11.27 11:58 terr #79D/WHSg URL[EDIT]
No title

terrさん
早速ご覧いただいてありがとうございます。
寝姿に見えてよかったです。
なぜ釈迦ガ岳なのかなあと登る前から思っていました。偶然ほかの登山者が「この辺りはどこかなあ、胸かなあ」などと話していましたので気がついた次第でした。
写真にしたら、それらしく写りました。

宮島の島影は「寝観音」ですか。
宮島には1回行っただけです。次に行く機会があれば見てみたいです。
ありがとうございます。

2010.11.27 12:26 こぶっちょ #79D/WHSg URL[EDIT]
No title

こんにちは
釈迦ガ岳の同名は沢山あるのですね!
いい名前ですからねぇ、沢山あっても不思議ではないですね。奈良の釈迦ガ岳もあったとは・・・
ところで、釈迦ガ岳は岩場、急登と楽しそうですね!!
いよいよ鈴鹿7マウンテン完登目指す気になってきましたョ・・・・  来年あたりかな

2010.11.27 15:22 三重の山男 #79D/WHSg URL[EDIT]
No title

こんばんは
釈迦ヶ岳は今年の5月4日に八風キャンプ場から登り
ました 帰りにリュックのファスナーが開いていて
車のキーを落とし1時間も登り返りした事があります
無事に拾いましたが頭が真っ白になりましたよ

2010.11.27 21:34 熊取のおっちゃん #79D/WHSg URL[EDIT]
No title

三重の山男さん
こんばんは

庵座谷は谷というだけあって踏み後が薄く
目印のテープを確認しながらの登りでした。
下ばかり向いているといつのまにかあらぬ方向に・
なかなか楽しいです。
下りには使わないほうがよさそうです。
大陰の稜線歩きも眺めがよさそうです。
次回での機会があれば松尾尾根もよさそうです。
実は、今日は入道ガ岳に行く予定でしたが中止。
7マウンテンの残りは入道と雨乞になりました。
来年ですね。

2010.11.27 22:08 こぶっちょ #79D/WHSg URL[EDIT]
No title

熊取のおっちゃんさん
こんばんは

そうでした、そうでした。
熊取のおっちゃんさんの記事を拝見しておりました。
あの記事のおかげで休憩の度にファスナーを確認するようになりました。熊取のおっちゃんさんからいただいた教訓です。
それにしても車のキーは見つかって良かったですね。
こぶっちょも大分以前にカメラを休憩場所に置き忘れて、少しだけでしたが上り下りをやってしまいました。毎回少しずつ教訓が増えます。

2010.11.27 22:18 こぶっちょ #79D/WHSg URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する