FC2ブログ

2019年01月23日 の記事一覧

鹿教湯温泉

1-1_201901230958577aa.jpg

今回の帰省は予想外に長い期間となり、年末から1月15日まで故郷でのんびりしてしまった。
もっともその間には飼い犬の散歩、友人の家で手打ちのそばをご馳走niなる、などイベントはそれなりにあった。
故郷には昔ながらの温泉地に加え近頃では町が開発運営している日帰り温泉施設も多数あって
ほぼ毎日日替わりで温泉を楽しんだ
今回はそのなかの一つ鹿教湯(かけゆ)温泉を紹介します。
鹿教湯の由来は昔、猟師が一匹の鹿を打ちそこない山深く入って見つけたところ傷を負った鹿がいたので矢を向けると逃げてしまった。不思議に思ってそこへ行ってみると温泉が湧いていた。鹿が教えてくれたということから鹿教湯温泉と呼ばれるようになった。とか。




2-2_201901230958591c2.jpg

鹿教湯温泉にある日帰り温泉施設文殊の湯
単純温泉ですが湯量は豊富。温度も高めなのでこの時期とても温まることができました。この日を挟んだ二三日の間はとても冷え込んで
日中でも氷点下で温泉でほっといたしました~
この付近には温泉宿がありますがお客さんが減っているようで経営は苦しいようです。
大規模に開発されていなくて静かな温泉街です。
秋には松茸料理も楽しめますよ。




3-3_201901230959067bc.jpg


↑文殊の湯の名前の由来となった文殊堂へと続く道


4-4_2019012309590335c.jpg

この時期灯篭祭りがおこなわれていますが灯りはは夜なので氷の灯篭だけを紹介します。

kakeyu-monjudo[1]-2


文殊堂の建物(これはネットより借用です)
行基(ぎょうき)の弟子園行(えんぎょう)が創立したものと伝わっていて、今は天竜寺が所有していて県宝となっています。
写真は新緑の時期のようですが紅葉のシーズンも画になりそうです。



近くのお蕎麦屋さんで天盛りそばを食べて退散です。



5-5_201901230959043be.jpg
関連記事
スポンサーサイト