FC2ブログ

2019年01月 の記事一覧

自己満足な運動日記

歩数-1



少々ばらつきはありますが
日々一万歩を目標にしています。
11月中ごろから都合によりジムを休んでいて正月太りもあって
再び頑張ることといたしました。
久しぶりにジムにい顔を出すとインストラクターからも
他のお客さんからも久しぶりだねーなんてこれかけられたり
知り合いでもないのに結構みんな見てるんだなあ
という実感。
もっともこぶっちょは
運動するときは、汗取り用の手ぬぐいをはちまきにし
首にもカラフルな手ぬぐいを首にかけているので
ある意味特徴あるいでたちなのかも・・・


ともあれ、運動は歩く以外もあるので
歩数にカウントされないものもあり
一万歩かせぐのには時間かかります。
足首にウエイトもつけたりするので
結構疲れます。
歩き続けること1時間と30分ほど。
(歩行マシンには制限時間があり1クール1時間以内となっているので
分割して歩きます)

体重計の変化は割愛します。。。。


関連記事
スポンサーサイト

鹿教湯温泉

1-1_201901230958577aa.jpg

今回の帰省は予想外に長い期間となり、年末から1月15日まで故郷でのんびりしてしまった。
もっともその間には飼い犬の散歩、友人の家で手打ちのそばをご馳走niなる、などイベントはそれなりにあった。
故郷には昔ながらの温泉地に加え近頃では町が開発運営している日帰り温泉施設も多数あって
ほぼ毎日日替わりで温泉を楽しんだ
今回はそのなかの一つ鹿教湯(かけゆ)温泉を紹介します。
鹿教湯の由来は昔、猟師が一匹の鹿を打ちそこない山深く入って見つけたところ傷を負った鹿がいたので矢を向けると逃げてしまった。不思議に思ってそこへ行ってみると温泉が湧いていた。鹿が教えてくれたということから鹿教湯温泉と呼ばれるようになった。とか。




2-2_201901230958591c2.jpg

鹿教湯温泉にある日帰り温泉施設文殊の湯
単純温泉ですが湯量は豊富。温度も高めなのでこの時期とても温まることができました。この日を挟んだ二三日の間はとても冷え込んで
日中でも氷点下で温泉でほっといたしました~
この付近には温泉宿がありますがお客さんが減っているようで経営は苦しいようです。
大規模に開発されていなくて静かな温泉街です。
秋には松茸料理も楽しめますよ。




3-3_201901230959067bc.jpg


↑文殊の湯の名前の由来となった文殊堂へと続く道


4-4_2019012309590335c.jpg

この時期灯篭祭りがおこなわれていますが灯りはは夜なので氷の灯篭だけを紹介します。

kakeyu-monjudo[1]-2


文殊堂の建物(これはネットより借用です)
行基(ぎょうき)の弟子園行(えんぎょう)が創立したものと伝わっていて、今は天竜寺が所有していて県宝となっています。
写真は新緑の時期のようですが紅葉のシーズンも画になりそうです。



近くのお蕎麦屋さんで天盛りそばを食べて退散です。



5-5_201901230959043be.jpg
関連記事

おたや祭り

1-1_201901201433552cb.jpg 
長野県長和町で古くからおこなわれている祭り、おたや祭りに行ってきました。

長和町の古町に所在する豊受大神宮の例祭でその通称をおたや祭りと呼んでいます。記録として残っているのは文政十一年1828年の文書がありますが祭りはこれ以前より古くからおこなわれてきたと言われています。

上の写真は多くの屋台が並んでいる様子。こぶっちょも子供のころから行っているお祭りで屋台でおもちゃやら綿菓子やら買うのが楽しみでもありました。この地区はこぶっちょの家からも近くその昔は歩いて行ったと家族は言っておりました。いってみれば隣町のお祭りといったところです。例祭は毎年1月14日の夕方から15日の昼ごろ行われ近隣の上田、佐久方面から訪れる人4~5万人といわれています。



このお祭りには山車が奉納されるのですが素朴な農民芸術で長野県の無形民俗文化財に選定されています。
山車を紹介していきます山車は毎年変わります。


この場面は皇女和宮が和田宿に泊まる場面ということです。
2-2_20190120143450449.jpg



次ぎの場面です
桶狭間の戦いの場面です













3-3_201901201434579f1.jpg



↓こちらは宝船七福神改元の年の新春を祝うの場面です



6-6_20190120143459f03.jpg


こちらは長和町で採掘している黒曜石採掘の場面です



4-4_20190120143502e57.jpg 


黒曜石は旧石器時代に使われた道具矢じりの材料となるガラス質の固い石のことであります。

手にしているのは土産用として売られている原石であります。長和町はこの石の産地であります。

カット面が鋭いので手を切らないように注意が必要です。


7-7_20190120143606cae.jpg


最後は見てのとおり弁慶と牛若丸であります。
毎年変わるこの素朴な山車を見るのも楽しみであります。

現役では仕事はじめが4日なので14日15日で行われる祭りに行くことはできませんでしたが
フリーとなった今では仕事はじめは無いので見にいくことができました。
懐かしいお祭りにいくことができました。





5-5_20190120143501d81.jpg






関連記事

善光寺

P1060095-2.jpg 



年も改まって

だいぶたちますが

今年もよろしくお願いいたします。

今年も元旦には善光寺さんにお参りに行ってまいりました。

今年はたいした雪もなくおだやかな初詣ができました。

込み合ってはおりましたが

いつになく早くお参りすることができました。

善光寺への参道は長野駅方面からは

ゆるやかだらだらと続く上り坂となっており

家族においてかれる始末で例年になく本堂に行きつくまで

体力を使いました。お参りするにはさらに階段を登らなければなりません。

体力が落ちていることをここで痛感。

今年の目標はささやかながら現状維持プラスαぐらいにしておこうと思います。







関連記事