FC2ブログ

2018年06月 の記事一覧

赤紫蘇畑




P1060016-1.jpg



赤しそ畑です。
愛知県大治町に流れる庄内川、その河川敷の広い畑に栽培されています。
先日名古屋まで歩いた時に発見し写真を撮ったまま忘れていたものです。
昨日だったか、この畑の所有者がテレビに出ていて写真を思い出したもの。
テレビではしそジュースなるものが紹介されていて、夏には良さそうな爽やかな感じでした。
おしまい


関連記事
スポンサーサイト

「妻よ薔薇のように」(映画)


知らない間にカミさんが映画の無料招待券に応募していて、特定の映画というよりは今配給されている映画の無料券二枚が当選した由。
前回は「終わった人」を観たので以前から観たかった「妻よ薔薇のように」(家族はつらいよⅢ)を観てきた。
山田洋次監督作品。山田監督の作品らしく「寅さん」を彷彿させるようなシーンも。
基本的には喜劇作品で大笑いまではないけれど日常のシーンにクスッと笑うみたいな感じです。

山田洋次監督の言葉によると(以下パンフより抜粋)
今回は妻への賛歌です。
専業主婦の家事という仕事がどれだけ大変か、
家族にとって主婦の存在がどれだけ重要な意味をもっているか。

前回の作品(「家族はつらいよⅡ」)は周造の友人が巻き起こす騒動で
老人の貧困がテーマだったけれども、
今回は(家族に)内在していた夫婦の問題が噴出し、
それに対して家族たちがどう対応し
オロオロしながらどう乗り越えていくか、そこが前とは大きく違います。

このテーマはある主の重みをもっています。
そこをきちんと押さえて、
楽しくも味わい深いどっしりとした喜劇を作りたいと思います。
以上山田洋次監督の言葉引用



妻よ薔薇のようにちらし 001-1







妻よ薔薇のように 001

山田監督らしく
柴又帝釈天。長野県、広島県などでのちょっと懐かしいようなシーンなどが登場し、やがて家族がそれぞれお互いを認め合うというような展開であります。
今は他の映画も人気のようでゆっくりと観ることができました。

おしまい


関連記事

多度山歩き

6月16日土曜日


梅雨の晴れ間、湿気も少なくお出かけ日和となった。


以前に三重の山男さんと歩いた中道で登ることにした。


途中見晴の良い地点から鈴鹿の山並みを見る。この時間は展望が良かった。



1-1_201806172102226a7.jpg 

お地蔵さまにご挨拶。

2-2_201806172102250a5.jpg 

と励まされて先へ進む。


道が以前と違うのか、まったく覚えのない4合目の表示板。


途中には案内板はなかった。
3-3_2018061721023051d.jpg 

二体目のお地蔵さま


またまたご挨拶。
4-4_201806172102310df.jpg 

ゆっくりと歩いてここまでだいたい2時間ほどかかった。


昨日の雨で岩場がしめっている箇所がありあり慎重に歩いた。


時間かかっても歩き切れれば十分満足。


合目示板は結局4合目のみ1ッ箇所を確認しただけだった。


いつもの山上公園方面へと向かう。

5-5_20180617210232255.jpg 

山上公園から名古屋方面


少し雲がわいていて眺望が抜群というほどでもない。


ここでお昼に。ゆっくりだったので午後2時のお昼となった。
6-6_20180617210230264.jpg 


下山はハイキングコースで


途中の休憩ポイントから西側方向を見る。
7-7_201806172102339a0.jpg 

猿に遭遇
 8-8_20180617210831cb4.jpg 

猿にも励まされた?


まあ良いか。。。


この日は数組のご夫婦と孫を連れたご家族。


数人のチャリダーと会った。


ひさしぶりの山道だったが歩ききれて良かった。




歩数21,494歩
距離15.58㎞





おしまい












関連記事

終わった人

 6月14日木曜日 映画「終わった人」を観た。

主演「舘ひろし」妻役「黒木瞳」

「定年って生前葬だな…」
一流企業(銀行)のエリート街道を歩んでいた主人公は
同期のライバルに負けたことで出世コースから外れ子会社に出向。そのまま銀行に戻ることなく定年となる。
夢なし趣味なし仕事なしそして我が家に居場所なし


終わった人 001-1 


終わった人2 001-2 


こぶっちょも定年にはちょっとだけ早かったけれど二年前にサラリーマン卒業

映画のシーンも良くありがちなシーンへと展開していく。

しかし、不完全燃焼と思っていた主人公には思いがけない人生の展開が。

定年を迎えた男の悲哀がうまく描かれていたように思う。
エンデイングに流れる今井美樹の歌も好いように思う。
原作者の内館牧子さん自身も出演されています。
関連記事

ササユリ、夏椿

日帰り温泉施設「水晶の湯」付近の「月見の森」に「ササユリ園」があるのを知ったのは、一カ月ほど前のこと。

そろそろ咲くころと見定めて出かけてみた。

「ササユリ園」となっていたことから群生でもしているのか、と思っていたが、ようやく数輪咲いているのを見つけることができた。

↓は最初に見つけた花。獣よけなのか人間よけなのかネットがあり、しかも花まではかなり遠い。

ようやく写った。
1-1_20180614181500aa5.jpg


ササユリにしては少々色が白い。

2-2_2018061418150264f.jpg  


↓夏椿の白い花。近くを歩いていた初老のご夫婦が教えてくれた。

4-4_20180614181506fc6.jpg 


5-5_201806141815070ef.jpg 


6-6_201806141815107f1.jpg 


ややピンクがかった美しいササユリがあった。

7-7_20180614181511ddf.jpg 

この花を撮ったあとで電池切れとなり写真は終了。

あじさいがきれいでありましたが電池切れでは仕方がないですね。

ササユリはすべてネット越しの撮影でありました。

ハイキング道を歩き温泉も楽しんで帰宅となりました。

おしまい。









 



    
関連記事