2016年12月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

一年ありがとうございました



この一年

つたない記事におつきあいいただき

ありがとうございました



良い年をお迎えください

関連記事
スポンサーサイト

風邪でした



1-1_201612212001054c6.jpg 

2-2_201612212001076f7.jpg 




10日ほど前から


ちょっと風邪気味でしたが

一番寒い日に山へ



すっかりと風邪をこじらせてしまいました。


例年だと数日で回復するのですが


今回は妙に長引きました。


インフルエンザではありません。



まだ若干尾を引いていますが

ほぼ普段通りの生活スタイルにもどれそうです。


花は

スイートピーでした。





関連記事

猿投山にて忘年登山

12月11日(日曜日)



愛知県


猿投山にて忘年登山




たま~に一緒に登っているお仲間


総勢11名にて猿投山へ





1-1_20161212142709da1.jpg 




登山の起点となる猿投神社境内






2-2_2016121214271200f.jpg 




ゆったりとした登山道を行く





3-3_20161212142711e09.jpg 





途中、眺望のよい岩場








4-4_20161212142712cb1.jpg 




更に登ると正面にこんもりとした恵那山


その左側に中央アルプスを遠く望むことができます。







5-5_20161212151325d8f.jpg  




午前11時半ごろ


予定どおり猿投山山頂に到着


冷たい風が吹きすさびお昼を食べていても


とにかく寒い!


30分ほど過ごしたあとは下山道方向へと向かいます。





6-6_20161212142715f22.jpg 



分岐点


これが分かりにくい


目標は猿投温泉なのですが表示なし


ここは左方向へと向かい


林道にさしかかったら右へ進まないと温泉には行けません。

(林道といってもオフロードバイクや四駆でないと通れない相当なデコボコ道です)←(追記)



7-7_20161212142723c18.jpg 





更に小さな分岐がありますが標識なし





多少うろうろ


GPS見たり、スマホのアプリを確認したりしながら


こっちだ、あっちだと



方向がわかり落ち葉の道を行く。

(上の写真は分岐を左に入った道)←追記





P1050016-1.jpg 




温泉にほとんど近くなったところで


ようやく温泉への看板が。

(小さな橋がありますが崩れていて通行禁止。が無理やり通過)←追記



 





P1050017-1.jpg 

P1050019-1.jpg 




P1050022-1.jpg 





9-9_20161212142722eb1.jpg







猿投温泉到着です。


8-8_20161212142718392.jpg 




温泉は右側の建物


忘年会を兼ねていて、温泉のあとは左側ホテル側の建物内で


すきやきの食べ放~題&飲み放~~~題


10-10_20161212142721291.jpg 


11-11_20161212142723a27.jpg 





二時間があっという間に過ぎてしまいました。





12-12_2016121214272401c.jpg 




最寄駅までの送迎バスを少しだけ待って駅まで


ほろ酔い気分で帰宅です。



これで温泉と食べほ、飲みほ合わせて4,000円以下~~~


おなかも登山も満足の忘年登山でありました^^


13-13_20161212142725f2b.jpg 



おしまい






(追記)


猿投神社 9:22

登山口 10:00

山頂  11:38

山頂出発  12:17

猿投温泉  14:24



交通機関

名鉄豊田市駅→おいでんバス利用→猿投神社

猿投温泉→送迎バス利用→浄水駅






多度山近辺



1-1_20161209211821c0a.jpg 


2-2_2016120921182806d.jpg 

3-3_2016120921182870d.jpg 


4-4_20161209211829038.jpg 

5-5_20161209211830b54.jpg 




12月8日(木)


いつもの多度山を登った帰り道


ひときわ紅葉の美しい場所発見



何度も歩いている道のはずですが

気がついていなかった。


今までこの時期に歩いていなかったのかもしれません。




時間は14時ごろ


天気も良くお日様が西に傾くころ


光の具合も丁度良かったのかもしれません。




道には大量の落ち葉


時期的にはもう終盤です。



かの日本百名山の著者深田久弥は

「百の頂に百の喜びあり」

(だったかな)

と残していますが


一の頂にも百の喜びあり


もありかな


同じ山も良いものですね。






関連記事

多度山近辺



1-1_20161209091429c2b.jpg 


2-2_20161209091428457.jpg 


3-3_20161209091435043.jpg 


4-4_201612090914369b5.jpg 


5-5_20161209091436254.jpg 


6-6_2016120909143430a.jpg 



12月8日(木)



お昼を挟んで多度山へ


ウイークデーのこの日も

おじさんおばさんの数グループが

ハイキングを楽しんでいました。




意外だったのは


紅葉がきれいだったこと


たとえばこんな感じです。次回に


P1040848-1.jpg 


 














関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。