FC2ブログ

2016年10月 の記事一覧

猿投山





10月16日(日)

猿投山(さなげやま)


猿投山は尾張と三河の国境に位置し、標高は628.9mの山です。


1-1

朝6:30

猿投神社の登山者用駐車場は満車状態。

後続は路上駐車となります。




2-2 
登山口へと向かう道。

しばらくは舗装路を進みます。


3-3 

御門杉とよばれる場所。

ここが登山道入り口となります。




4-4 

5-5 

器用に作ってありますね。

6-6 
途中の四阿

程よい場所にありここで一息


7-7 

大岩とよばれている展望場所

豊田市方向のようです。


8-8 

東の宮の入り口

(西の宮という神社もありますがこの登山道の脇道になっており立ち寄っていません。)



P1040254-1.jpg



9-9 

東の宮に到着

10-10 

更に登って、ほどなく山頂に到着

11-11 

瀬戸市のあたりの様子が見渡せます。


12-12 

山頂の広場。

これだけのベンチがあると休憩に困ることはなさそうです。


13-13 


同じルートを戻り、せっかくなので猿投神社へ参拝

この地域は自動車関連の企業が多く

左鎌という独特なカタチの絵馬が沢山奉納されていました。



猿投山は小学生まじりの家族連れハイキング、

トレランの人たち、ハイカーと東京の高尾山の雰囲気と

とても良く似た山でありました。








~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




ルート-1 


今回のルート

黄色を往復

後で気が付いたが赤で周回可能でした。(下りて再度の上り返し)



標高プロパティ-2 




関連記事

多度山

10月15日(土曜日)


多度山へ


気候が良くなったからか、一機に大勢のハイカーが訪れていた。


1-1_20161016213554101.jpg 






今回は眺望満喫コース~健脚コース
2-2_201610162135566c3.jpg 


3-3_20161016213557737.jpg 


4-4_201610162136362c4.jpg 



5-5_2016101621363972a.jpg 




山上公園付近のススキも見ごろとなっていました。


秋の良い天気のもと

このような日には野山でのお弁当も良いですね。








関連記事

稲沢サンドフェスタ


稲沢サンドフェスタ

木曽川の河岸砂丘や川砂を利用したサンドアートのイベントです。





屋台やら特設ステージやらがあり、お笑い芸などの催しも開かれています。

1-1_20161010081232c45.jpg 




砂丘にはバケツ一杯分の砂が用意されており、思い思いのアートをつくることができます。

3-3_20161010081238db8.jpg 





子供たち楽しそう。親子で楽しめますね。

2-2_2016101008123626f.jpg





こちらがメイン会場(隣接しています)


誰かに似ていますか?

 


4-4_20161010081237232.jpg 

↑  「ウサイン・ボルト」!





こちらは風雨で一部壊れてしまい残念~!

何でも作者は高知県の人で修復に来るのは困難とか。




5-5_20161010081240dd1.jpg 




元はこのようなカタチ(元の写真が飾ってありました)

6-6_20161010081323574.jpg 

 ↑広島の平和公園を訪れたオバマ大統領









7-7_20161010081324e8b.jpg 

裏側にもきちんと細工がありました。







 

こちらはリオデジャネイロオリンピックでのシーン(らしい)

だれがだれか今一つよくわからないのですが・・・


8-8_20161010081326ddf.jpg 


↑どうやら左「錦織圭」、真ん中「内村航平」、その右「不明」、右端「吉田紗保里」・・・かな

違うよ~!というご意見あればご指摘をお願いします。





個人的にはボルトが面白かったような。


10月9日でイベントは終了です。




関連記事

ねざめの床


「寝覚の床」

ねざめの床


木曽郡 上松町にある国の名勝
1-1_201610072214182e5.jpg 









川に下りていくとこのような景色が現れます。





2-2_20161007221419467.jpg 






この場所には伝説があり

要約すると

浦島太郎が玉手箱を開けた場所

  だと

いわれています。


  




山の奥側は雨でけむっています。


DSC02129.jpg 








近くまで来ましたが

実は、平らな岩に登るには

手前のごろごろといた大きな石の群れを

たどっていかないと行けません。

(山道のようなマーキングは無し)




特にこのような雨の日に大きな石の上を

飛び越えるのはおすすめしません。


4-4_20161007221423315.jpg 









いいつつも

ルートをよ~く見ながら来てみました。


左側には「おう穴」でしょうか

穴が見えます。

6-6_20161007221511542.jpg 



7-7_201610072215105e1.jpg 








最初の写真を撮った場所を向こう側に見ています。

(白い点のように見える場所から写真を撮りました)






5-5_20161007221424b46.jpg 









上流側




8-8_20161007221514490.jpg 









浦島堂


この場所で玉手箱を開けたといわれております。


9-9_2016100722151458f.jpg 







雨が降っているので帰ることに。

石が小さく見えるかもしれませんが

大きい石がゴロゴロところがっています。


ここを来て

また帰る。


間違ったら大けが間違いなし・・・

10-10_201610072215156a1.jpg 







無事途中まで帰ってきました。

この写真の場所は

JRの中央西線から唯一「寝覚の床」が見られる場所です。

高架線の奥に寝覚の床です。

(ちなみに写真右側方向は松本。左側方向は名古屋です。)



11-11_20161007221548e3c.jpg 







こぶっちょはこの場所には何度か来ているので


もう立ち寄ることはありません。



おしまい。


です。


(ご注意:駐車場、拝観料必要)


関連記事

奈良井宿





今回の長野への移動は高速道路ではなく

往復とも一般道でした。(片道260㎞ほど)


復路はあいにくの雨でしたが

19号線沿いの風景をのんびりと撮ることができました。




奈良井宿




1-1_2016100622300219d.jpg 


2-2_20161006223003a7d.jpg 


3-3_201610062230053fc.jpg 


4-4_2016100623084309d.jpg  


月曜日の雨

人はまばらでのんびりと奈良井宿の風景を楽しむことができました。



何も買わず食わず


風景だけを楽しみました。











5-5_201610062308453a3.jpg 




 








関連記事