2014年07月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

多度山



久々にいつもの

多度山へ



7月22日(火曜日)は休みでした。

梅雨明けはしたもののやはり「暑い~~」


暑いことを言い訳に登りやすい多度山へ。。。。





この日はどんよりしていて風も弱く・・・

どんよりとモヤっていて見晴らしもありません。

2_20140723223701e58.jpg 




1_20140723223704140.jpg 



ウイークデーのこの日

山上にはこぶっちょよりもちょっとだけ先輩らしいグループが。。。。



お昼を食べながら聞くともなしに聞こえてくるお話。

4,5人のグループでどうやら毎日ここに登ってきては

お話をしているようです。


(毎日というのは「昨日は風があったんですよ」とこぶっちょに

お話してくれたためであります。)


もうすぐ退職される方もまじって健康談義に山談義。

その内のおひと方はどうやら下山・上山の数往復をするらしい・・

確か~ 5往復する、と言っていたような。。。。


5往復?でありますか!

この暑い中・・・


とにかく元気な方々でありました。








山頂とはいえ「そよ風」という風もなく40分ほどすごして

下りることに。









登山道脇のキノコ

大きさがわかるように足をいっしょに。。。。
3_2014072322370818c.jpg 









谷風が下から吹き上がってきた

この日一番涼しかった場所。

そよそよと良い風でありました。

 4_20140723223708997.jpg





3時間ほどハイキングを楽しんで帰宅でありました。






関連記事
スポンサーサイト
Comment (-)




ここ二三日の間には朝からセミの声も聞こえるようになり

どうやら夏本番となってきたようですね。



ブログはというと

あいかわらずさしたるお話も無いのであります。




今日は


シュンのお話ということで。。。。。





夏本番になるとこれからはいろんな夏野菜が店頭にならぶようになりますが

新ショウガも今の時期ですね。



こぶっちょは大好きというほどの好きでもないのではありますが

新ショウガでいわゆる「ガリ」を作りました。

さしたるお話ではありませんが・・





暑い時期

冷たい泡の飲み物に良くあいますよ^^


刺身、おすしとは言わず

ガリをメインに・・・


生姜 







新ショウガの皮はスプーンなどで
取り除く。
(もちろん包丁で薄くとってもかまいません)


薄切りにしたら熱湯にくぐらせて、ささっと軽くゆでる。
(煮てはいけません)


熱をとり好みの味の酢につける。


それだけ。

翌日には食べられます。


ガリというと甘酢ですがお好みの味で。


旬の物を食べて暑い夏をのりきりましょう。





本日もコメント欄は失礼させていただきます。














関連記事
Comment (-)

またまた本のお話

季節労働者的な時期が

ようやく過ぎ去って時間が落ち着いてきました。



やはり、これといって出かけていないので

またまた本のお話になってしまいます。


悪しからずご了承ください。。。。




今回は、

「真田十勇士」

次回のnhk大河ドラマでは真田丸のお話をするそうですが

中心は真田幸村であって「真田十勇士」ではないそうであります。。



それはそれでもちろん良いのでありますが、こぶっちょは

次々とヒーローが登場するこの「真田十勇士」が単純に楽しいのであります。


真田十勇士とは

知恵者の

穴山小助
海野六郎



伊賀流忍者
猿飛佐助 (女房がいる)

蜂須賀家の家臣だった
筧 十蔵

怪力の坊主
三好清海入道
(坊主なのに女好き)


金狐大明神を名乗る
由利鎌ノ助
(口がうまい)


船、弁慶丸の
根津甚八
(海賊の頭領で女房もち。女房に頭があがらない)


熊野権現の
望月六郎
(神楽師)


甲賀流忍者
霧隠才蔵
(無類の女好き)

そして三好清海入道の弟
三好伊三入道
(女房らしい女あり)



忍者に海賊、坊主
そして神楽師



侍ではなく、多彩な面々が登場する
この小説は単純に楽しく時間を忘れて読むことができます。


特に二人の忍者は日本版
スーパーマンのようで痛快であります。


「真田十勇士」は村上元三の小説で
十勇士それぞれの生い立ちと、次々と幸村に仕えていく様子が
描かれています。
(幸村に仕えて行く様子を書いていて活躍シーンはさほどありません)




司馬遼太郎の「風神の門」は霧隠才蔵が中心の
物語で忍者からみた幸村を書いていて
こちらも忍者らしい活躍がありこれも楽しく読めます。


忍者のお話が少し多くなってしまいました。。。。。

忍者好きということでご容赦を。。。。







梅雨あけも近いかもしれませんね。


落ち着いてきたのでそろそろ外へ出たいと思っております。








今回もコメント欄は失礼させていただきます。







関連記事
Comment (-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。