2013年04月 の記事一覧

御在所岳(下山編)

御在所岳(下山編)


下りようとしたところ、他の登山者に道を聞かれて話し込んだ結果

「裏登山道」入口の写真を撮り忘れてしまった。。。。



仕方がないので昨年3月のもので代用します。
「裏登山道」
この道を利用して下山です。
P3250120.jpg 




登山道脇に咲いていたショウジョウバカマ

1

国見岳への分岐
正面が国見岳
右が下山道

2



裏道も結構大きな石や岩がごろごろしている道です。
写真では見えていませんが伊勢湾方向を見ています。
3






順調に山道を下りていましたが、ふと気が付くと
道が無い。。。。

ここでしばし考え込んでしまいました。
右?左?

どうみてもこの崩落している場所は道ではない。


大きな石にとらわれて足元を見ていて
道を間違えたらしい。

結局、来た道を少し戻って
登山道に戻ることができました~
(左の林の中が登山道です)


4


更に下りてきて
またまた崩落している川原に。

が、ここは登山道です。 

5 


「兎の耳」と呼ばれている岩
クライマーがロープ張って練習中です。
6

○印に沿って歩きます。
7  



藤内小屋の屋根が見えてきました。

8 



国見尾根への分岐
この道は未だ歩いていない。

9 



藤内小屋のベンチで一休みし出発

あと一時間ほどかかります。

(手前左側の二人目が小屋のご主人らしい。
お仲間と話し込んでいましたよ)

10 


「七の渡し」
このあたり、水の流れがとてもきれいです。

11 


更に「四の渡し」を過ぎると
静かな山道となり
鈴鹿スカイライン脇の「裏道登山道」入口に到着です。
12 

鈴鹿スカイラインをしばらく歩き
またしても「裏道登山道」へ

13 


くねくねと歩いて
1合目に到着

14 



車に戻る途中に咲いていたシャクナゲ

P4270163.jpg 




片岡温泉でさっぱりして
終了です。

P4270165.jpg 


お風呂は、陽気が暖かくなったからか
外湯との窓が外されていて
さわやかに入ることができました~


おしまい







 
関連記事
スポンサーサイト
Comment (-)Trackback (0)

御在所岳(登山編)

4月27日(土曜日)


三重県 御在所岳

久々の御在所岳で、昨年3月に登って以来。

今回は登山編



いろいろルートはありますが、今回も「中道」から入り下山は「裏道」で。
(マップはネットより)
1 

 

歩いたGPS軌道
2 


3 

車は「蔵ノ助」という旅館の駐車場を利用(600円)し、車道を歩いて登山口へ。
4 

ロープウエイ直下
5 

今日は人が多い
6 

おばれ石に到着
ここも写真スポット
7 


見晴の良い場所から頂上方向を見る。
アカヤシオが咲いています。

8 


地蔵岩
皆さんここで写真を。
山ガールがポーズをとってます。
9 

別の角度から
10 


更に登って馬の背あたりから山頂方向を見る。
左右とも落ちていて気持ち慎重に進みます。
11 


キレットの岩場
12 


小学生のグループが挑戦中。。。
先生らしき人が注意事項の声掛けをしています。

13





このあたりで丁度見ごろとなっている「アカヤシオ」を見ることができました。
(下の方は花が散り初めていました)

14 




この岩を右に巻いて右側の平たい岩へと向かいます。

15 


通過して振り返ってみました。

16


平たい岩から下を見る。
丁度強風が吹いてあおられる。
あおられて落ちるといけないのでそそくさと離れる。

下山は白く見えている方向へて下りていきます。
17


山上公園到着
CBCテレビが取材に来てました。

風が強くて寒い。
前日は雪が舞ったようです。
18



見晴らし台から「鎌ヶ岳」方向を見る。
19



山頂の池に咲いていたミズバショウ

20 

シロヤシオはまだまだつぼみ
5月ですね。

21 


スキー場を登って山頂方向へ
このだらだらと続く登りが結構こたえる。
22 

きた道を振り返る。
皆さんもくもくを歩いてきますね。

奥側が通過してきた見晴台の方向。
23



三角点のある頂上に到着
24


通過して最高点へと向かいます。

25



1,209.8mノ最高点へ到着
強風であります。
26  



山頂 360°の風景
[広告] VPS


風の少なさそうなところでお昼に。

(下山編へと続く)




関連記事
Comment (-)Trackback (0)

靴が戻ってきた。


靴



ソールの張替に出していた靴が

修理完了して戻ってきた。



4月5日に出して

完了日4月18日

予定は5月上旬だったので

意外と早かった。


まだいいかな?

などと思いつつも

すり減っていた靴を見ていると

今まで歩いた滑りそうなシーンが脳裏に・・・



いやだなあと思い始めたら

ここは張り替えて安心した方が得策と判断。



使用期間3年半。


張替代は11,500円 でした。 


 
Comment (-)Trackback (0)

多度山プチ縦走




今回の多度山はプチ縦走



多度山から石津方面への縦走路への分岐

(たまたまマウンテンバイクの人が向かうところでしたが、
登山道なのでどこかで担いでいくのでしょう。)
1_20130424224927.jpg



鉄塔の真下から。
2_20130424224926.jpg 


イワカガミ
3_20130424224926.jpg 




ミツバツツジ

4_20130424224925.jpg 




ヤマフジ
5_20130424224924.jpg 


6_20130424224923.jpg 




4月21日(日曜日)

多度山


今回の多度山は通常コースから少し外れて

石津方面へ




尾根道ですが眺望なしで

あまり楽しくない。。。。




今回は標高600m地点で折り返して

健脚コースにての下山で終了です。




多度山から石津へ向かうよりは

石津から多度山へ向かう方が良さそうです。












 
関連記事
Comment (-)Trackback (0)

足ならし?



こぶっちょは、雪のある時期はまだ良いのでありますが
花粉が始まると山行はパッタリとお休みです。


昨年痛めた足もだいぶ回復し、花粉の時期も過ぎたので

足ならし、靴ならしで4月13日に続いて翌日にまた多度山へ。






今日は多度大社にお参りして・・

ここは5月には「上げ馬神事」があることでも有名。
準備が始まっているようで手前には柵が設けられています。
1_20130422232529.jpg 



「う   ま   く   い   く   絵   馬」

2_20130422232528.jpg 


新年にもお参りしましたが
またまたお参り



・・・・・・



「チャリ~ン」



これではたして
思いは聞いてもらえる?
3_20130422232527.jpg 




椿の咲く登山道

4_20130422232527.jpg 



どれくらい時間が流れたのでありましょうか・
朽ち果てた木

5_20130422232526.jpg 





新緑の登山道

6_20130422232525.jpg 



登山道入り口(出口)に咲く
花桃
7_20130422232849.jpg 

8_20130422232848.jpg 



多度大社に戻りました。
観光用の馬車

9_20130422232847.jpg 


どうやら新しい靴も良さそう


ちなみに、靴ひもの結び方も
今までとは変えてみました。

「きちんと、ちゃんと履く」

まあ、それだけなんですが・

関連記事
Comment (-)Trackback (0)