2013年02月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

アクアイグニス



アクアイグニス1 


アクアイグニス2 



アクアニグニス3 



いつもの「御在所岳」のふもと

「アクアイグニス」という施設が

2012年10月に出来ました。



「アクアイグニス」とは

ラテン語のAQUAとIGNISの造語だそうで

アクアは水、イグニスは火を意味していて

大地で育まれた温泉、食材そして男女を意味しているのだそうです。

建物、温泉、その内装、宿泊施設、

更にケーキやらパン屋さんやら

最近人気のクリエイターが手掛けていて

とにかく平日でも人が集まる場所となっています。

(以前の「片岡温泉」が移転して今はこの施設内に温泉があります。)



ちなみに・・・

1枚目、二枚目の写真の奥に御在所岳の頭が見えてます。




店内の一部


コワニー 

(コワニーという花らしい。フローリストによる飾り付けで週替わりとのこと。)


ダリア 黒蝶 

(ボルドーのダリア「黒蝶」だそうです)




人気のケーキ屋さん、パン屋さんは午前中は大賑わいで

平日でも行列が出来ていて、午後には品薄になってきます。

(それぞれ店内でも食べることができますよ。)






奥田食堂1 




奥田食堂2 



最近人気の奥田シェフ

「奥田食堂」

ここでお昼を食べました。


なんだか飾り付けがとてもきれいで

隣りのカレーがなんともおいしそうに見えました。



御在所岳登山の後の休憩、お風呂も良さそう

ただ登山靴では少々入りにくいかも~~~^^

関連記事
スポンサーサイト

愚痴聞き地蔵尊




愚痴聞き地蔵1  



名古屋駅のほど近いお寺に


愚痴を聞いてくれる

お地蔵さんがいます。


「愚痴聞き地蔵尊」












愚痴聞き地蔵3 (2) 




手前の石の向こう側に行くと

手前に写っているの四角い石が後ろ側にきて

丁度良く腰かける位置になっている。




失礼して腰を下ろすと

お地蔵さんのやさしいお顔が 

自分の正面にきます。
 



これなら

じっくり話しを聞いてもらえそう~~

愚痴きき地蔵3 





「はいはい」
 
「今日は何?」


「どうしたの? 話してごらん」


と言いたげに

お耳を傾けてくれます。




早速こぶっちょも話しを聞いてもらいました。


「実は・・・・   これこれで・・・   


だから・・・ 何々なので・・・」


「だから~・・・」 



「・・・何とかよろしくお願いします」

って

結局は、最後はお願いすることに。




しかしながら、

黙ってじっと耳を傾けて聞いてくれたお地蔵さん

聞いてくれてありがと~~~


あ~~~

なんだか


すっきりしたなぁ~~~  




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
名古屋 「桂芳院」
お地蔵様は今のご住職が
置かれたものです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




関連記事

温泉

下呂温泉1 



 

下呂温泉6 



下呂温泉4 



下呂温泉7



下呂温泉2 




下呂温泉3 




栗きんとん5 






2月22日(金) 23日(土)



岐阜県 下呂温泉


ほど良く雪が降った
温泉三昧の二日間でありました。


  

関連記事

「ゆ」



DSC01728-2.jpg 



2月22日、23日は






コメント失礼いたします

関連記事

雪の藤原岳

2月16日(土曜日)は

三重県「藤原岳」へ。

この山は2012年4月7日(土曜日)に

いかちゃんさん、熊取のおっちゃんさんそして三重の山男さんと

登って以来の山行であります。

下山後の反省会、阿下喜温泉では

Saas-Feeの風さんにもお会いすることができた

思い出いっぱいの山であります。



天気予報によるとどうやら天気は良さそう。

が、気温はこの冬最低になるらしい。。。。

ということで

とにかく気合十分で出発いたしました。



ルート

前回ルートと同じ「大貝戸道」往復です。

藤原岳ルート 


標高 

麓から見る「藤原岳」1,140m

(真ん中あたりの三角形に見えるあたりは麓のセメント工場に浸食されている箇所)

054_20130218001456.jpg




駐車場 8:30ごろ

雪が舞い始めました。
056.jpg 



すぐ近くの登山口
気合いれて出発であります。
057_20130218001455.jpg


四合目あたりから雪
ここでアイゼン装着いたしました。
061.jpg 
063.jpg 





069.jpg  



070.jpg 



このあたりからはやや急になり雪が深くなってきました。

071.jpg 



前日に降ったのか踏み跡はあるもののツボ足に。
なかなか前に進めません。
持参しようか迷った「ワカン」
持って来れば良かったかな・・・と思った瞬間でありました。

左側のこんもりしたところが藤原岳の山頂です。
072.jpg 

とにかく前へ

九合目到着

077.jpg 

ここで他の登山者と一緒になり
写真をお願いし撮ってもらいました。

 076.jpg





078.jpg 



ようやく稜線付近に出ましたが
九合目からはラッセル状態で写真撮る余裕
全くなし。。。でありました。

写真切れてますが山頂方向は右側です。
天候が目まぐるしく変わってきます。
079.jpg 



避難小屋へようやく到着
丁度12時ごろ
小休憩含んで3時間半ほどかかりました。

080.jpg



5,6分休んで山頂へ向かいます。

なぜか山頂方向は撮っていなかった。
右側が山頂です。
082.jpg 





ちらっと温度計見たところ-5℃ほど
更に強風で寒い。

(おまけ話し)
ぶら下げている水筒の水に氷がまじり始めました。
また、かぶっていた帽子の汗がつららになってました~^^
083.jpg



山頂とうちゃく~~~

寒くてちょっとなさけない顔なので
マスキングさせていただきます。

いちおうバンザイ
084.jpg 


三重の山男さんが奉納された
山頂看板は雪に埋もれているのか
見つけられなかった。。。。少々残念

086_20130218005817.jpg 

とにかく強風で寒い
写真撮ったら一刻も早く再び避難小屋に戻らないと。。。

何回か来ているので方向はわかりますが小屋は見えません。
085_20130218005816.jpg 


087_20130218005816.jpg 



089.jpg 




踏み跡がどんどん消えていきます。
方向だけは間違わないように・・・
091_20130218005815.jpg 


092.jpg 



避難小屋に到着し ほっと一息
ようやく暖かい「ラーメン」で。
(右はおにぎり)

093_20130218010801.jpg 




帰り際小屋を出たところ。
横殴りの雪になってました。

ルートを間違えないように、また斜面で滑らないようにと慎重に下りることにします。

095_20130218010801.jpg 

写真は撮る余裕なし。
二合目でようやく写真 を撮りました。
雪は降ったり止んだりしています。

097_20130218010800.jpg 


下山してリュックをみたら
後ろに雪がいいっぱいついていました。
098_20130218010800.jpg 

8時30分出発 15:30ごろ下山。

久々の山歩き
心地よい筋肉痛が残りました。

おしまい
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。