2012年03月 の記事一覧

御在所岳を歩きました。

  
毎度、行っている三重県「御在所岳」
いつも「中道登山道」のピストンですが
今回は登りを「裏道登山道」で
下りを「中道登山道」として周回いたしました。
1登山道  


2標高のコピー1 



駐車場
「蔵之助」という旅館の駐車場にとめました。
600円

3駐車場 



一合目の看板発見
今まで歩いていない道でわかりにくい。
4裏道登山道8:27 





「裏道登山道」の標識はあちらこちらにあり
標識どおりに行くと、かなりあやしい道に入り込んでしまいます。
(2008年の集中豪雨で道が崩落し、その後新しい道ができていて
標識だけが残っている???。とにかく迷います。)


右下の「裏道登山道」の矢印は切れて写っていませんが
右を差しています。
実は、そうではなく前の広い道を行きます。
右の登山道を行くと沢に入り込み危険です。
ここで9:00です。
5裏道登山道8:58 



登山道とは思えない
工事中の道
6 




7 




崩落した川の石を歩きます。
ほんとにいいのか?と少々不安。。。
8 



どうやら道?は合っているらしい。
「七の渡し」を渡ります。

9七の渡し 



更に「四の渡し」
10四の渡し 




更に川の石を乗り越えつつ歩くと
「藤内小屋」に到着。
ちょとだけ安心しました。

この小屋も集中豪雨で壊れ登山者皆で
今も造っているものです。
11 




12とうないごや1 





13 


一休みして出発
10:14分
藤内小屋に来る途中で少し迷い15分ほどのロスがあります。

遠く左に見える岩壁は「藤内壁」
ロッククライマーの場所です。
あちらに向かって行きます。
14 


15 



「兎の耳」という岩まで来ました。
ちょこんと尖っている岩です。

16 




更にごろごろとした岩道を歩きます。
17 



左は藤内壁への道
これは右へ
18 



ちょと近づいた藤内壁。
さすが今日はクラマーはいないようです。
19 




国見岳と御在所岳への分岐に来ました。
往復もありですが、このあたりで雪が強くなってきました。
早く山頂へと御在所岳へと向かいます。

20 



登ってきた方向を見る。
何も見えません。。。

21 




9合目あたり

この時期にこのような景色に合えるとは思っていませんでした。
22 




山頂公園の「裏道登山道」の標識に到着です。

ここで11:30です。
23 



山頂公園に到着

いつもここは人が大勢いるのですが

がらがらです。

24 




思わぬ景色に出会えました。

向こう側の山は「国見岳」

25 





26 



寒風が吹くなかでお昼を食べ

すぐに冷えてくるので早々に切り上げて帰路につきます。

気温はマイナス一℃で更に雪交じりの風が吹くので寒い!

です。。。





中道登山道で下山します。

ここで12:40分


27 



いつもながらのキレット

登ります。

28 




登ったところからロープウエイを見る。

29 



いつもながらの「地蔵岩」

いつも同じですがやはり写真を撮る。。。

30 




この付近から「御在所岳」を振り返ってみました。

すっかり雪の中。

31 




更にいつもながらの「おばれ岩」

斜めに撮っている訳ではありません。

ここもいつもながら「写真」を撮ります。


 32






「中道登山道」に下りてきました。

ここで14:13分

休憩含んで10㎞、約5時間15分のコースとなりました。

(迷った時間、累積約1時間を除く・・・)



33



お疲れ様でした~~~~

関連記事
スポンサーサイト

接写


さざんか3  


さざんか2



さざんか1 


山茶花でした。

もうしばらくの間見られるかもしれませんが

そろそろ散り始めているようです。

(写真のみです)
関連記事

名古屋城の梅

 


3月17日(金曜日)の午後は

所要のため休暇といたしました。

丁度、名古屋城の梅が見ごろとの話を聞いたので

ついでながら行ってみました。




名古屋城2  


名古屋城1  


名古屋城3 


名古屋城8 


名古屋城7



ところで、名古屋城では今


本丸御殿の復元工事が行われています。



かつての本丸御殿は近世城郭御殿の最高傑作として

京都二条城の二の丸御殿と並び、武家風書院造りの双璧とされ

国宝指定ともなっていましたが昭和20年の空襲で焼失となっています。

残念なことであります。




復元工事は

下の写真で区割りがされているところで行われています。

建屋を造り、その中で復元工事をしています。



名古屋城4 


復元工事の様子


名古屋城5 



屋根には檜でしょうか、1枚1枚薄い板が丁寧に張られている様子も

見られます。


完成は6年後。

こんな様子になるのでありましょう。




名古屋城6 


ここで、おまけのお話をひとつ。

名古屋市では、毎年春に(4月ごろ)

春姫の輿入れを再現した「春姫道中」というイベントがあります。

春姫は初代尾張藩主、徳川義直の正室です。。。



道中は名古屋の賑やかな場所を歩き、やがて名古屋城の城内敷地に

到着。

そこで春姫は、お約束の

ある雄叫びをあげます。



「御殿はどこじゃ~~~」

 

御殿ができるのは6年後。

このイベントも当分続きそうです。



ちなみに、「御殿はどこじゃ~~~」に対し

市長が

「今、建築中~~~」と返すのが恒例です。




名古屋城の梅の様子と

御殿再建のお話でした。



























関連記事

作り直しました~




前回の記事で

一部の記事をインポートしたのは良かったのでありますが

記事のカテゴリがバラバラになってしまい

整理がまったくできなくなってしまいました。


(過去の記事と、今の記事の整合性が合っていないまま

書いていました・・・)


手間がかかりましたが、すべての記事のカテゴリを

引き直しする作業をいたしました~~~。


(左欄の「カテゴリ欄」のとおりとなりました)


ようやく、記事がまとまって

以前の記事が探しやすくなりました。


全くの自己満足でありますが

少しほっとしております。


しょうもない

日記でありました。














関連記事

ブログのインポートをいたしました

「いい色」の終了後に

山の記事だけを抜き出して

「Seesaa」ブログへ一部の記事を移植しておりました。


最近になって「Seesaa」から「FC2」へ

「写真の同時移植」ができるようになったようなので

やってみました。



(もっとも、「Seesaa」への移行は結構面倒ではありましたが・・・)


結果は、簡単に移行が完了。


日付どおりの順番でインポートされたので

この「FC2]の当初の書き始めよりも、前に入りました。


ちなみにこちらです。



「大菩薩嶺からの風景など」


これ以前の記事は

「いい色」の記事です。



まあ、「やってみた」ということで

記事にしてみました。



関連記事