2011年05月 の記事一覧

新しくなった道具

【画像:527080.jpg】

527080.jpg

 


 


 


書こうかどうしようか少し迷いましたが


 


(特段のネタも無いので)書くことにいたしました。


 


 


前回のつばくろ岳行きで


 


いつもどおりにGPSを持参しました。


 


いよいよ出発というところで電源ON・・・


 


・・・  ・・・ 


 


再度電源ON   ・・・   ・・・


 


ん???   ん????


 


もしかして・・・故障~~~????


 


立ち上がりの画面は出るのですが、次の画面に移行しない。


 


もう歩くだけ、の段階なのでやむなくザックにそのまま収納。


 


ただ重たいだけなのであります


 


あ~~~また、余計な出費が~~~と


 


いやな感じがしていたのでありました


 


 


帰宅して、保証書を見たら


 


なんと、もう少しで切れる保障期間中!!!


 


あ~~良かった~~


 


これでなんとかなる~~×100と


 


翌日に早速購入した店に持ち込みました。


 


店の人も「お 保障期間中」とポツリ。。。


 


「もしかしてこれ新品交換になるかもしれませんよ」


 


「ん?、それだと地図情報も新しくなるの~?」


 


などとやりとりし、修理に。


 


で、


 


結局、新品が来たのであります。


 


色も形も同じ。


 


立ち上げてみると、なんか少し違和感があるのです。。


 


そうなのでありました。


 


全く同じものが代替品で来たわけではなく


 


形、色は同じですが機種としては最新版のものが来たのでありました。


 


すでに在庫はなく、どうやらハード面を同じにして


 


ソフト面を旧のものに直したようです。


 


どうせなら、中身も最新版でも良いと思うのですが、


 


こぶっちょの持っているマップソース(地図情報)を考えてか


 


そのようにしたのではないかと。。。。


 


まあ、どちらにしても再度セットアップすればOKなので


 


ぐちゃぐちゃ言う必要はありません。


 


 


少々面倒でしたが再度立ち上げしました。


 


地図データを転送する間はパソコンはそれのみになってしまいます。


 


 


【画像:527081.jpg】

527081.jpg

 


 


どちらでも良い話ですが名古屋駅近辺を


 


出してみました。


 


 


 


故障の原因はというと


 


もちろん衝撃とか水没とかによるものではなく


 


ソフト面にあるようなお話でした。


 


良く考えてみると、こぶっちょの使い方は


 


欲張りで、本体内の情報とSDカードデータを多用。


 


混乱したのかも・・・


 


これを機にシンプルにSDカード主体で使おうと思います。


 


 


それにしても、保障期間中でよかった。


 


あと10日ほどで保障期間が過ぎるところでありました。


 


 


 


ちなみに余計なお話ではありますが


 


今度の保障期間は向こう三ヶ月間であります。。。


 


 

関連記事
スポンサーサイト

燕岳(最終回)

 


【画像:525322.jpg】

525322.jpg

 


 


「燕岳登山」を


 


順番に関係なく書いてきましたが


 


これで最終回にしたいと思います。


 


 


 


最終回の今回は、登山道の登り始めから山荘までと


 


翌日の朝までです。


 


 


 


上の写真は5月14日(土)、


 


安曇野の中房温泉近くにて。


 


「有明荘」から出発して登山道入り口近くまできました。


 


今回は、「燕山荘」が主催する春山の「登山教室」に参加いたしましたので


 


約20名の方々とご一緒です。


 


 


 


燕岳は標高2,762メートル


 


登山口の標高は約1,500メートルです。


 


 


 


 


下の写真は、中房温泉の登山口を登り始めてすぐの登りです。


 


ここからのぼり一辺倒の道が始まります。


 


この時点では天気は上々です。


 


【画像:525323.jpg】

525323.jpg

 


 


 


第一ベンチから第三ベンチまでの様子は省きますが


 


富士見ベンチを過ぎたあたりからは雪道となりました。


 


記録していませんが標高は2,200メートルあたりかと思います。


 


 


【画像:525324.jpg】

525324.jpg

 


 


 


 


下の写真は、途中で左側に見え始めた常念山脈の方向。


 


このあたりで雪がちらほら舞い始めました。


 


まだ、舞っている程度です。


 


 


【画像:525325.jpg】

525325.jpg

 


 


 


やがて「合戦小屋」に到着しました。


 


(ツアー登山で、ゆったり歩きですから時間は参考にはなりません)


 


 


ここの標高は、約2、400メートルぐらいです。


 


雪の積もり具合が急に深くなった様子です。


 


余談ですが、手前に写っているお二人が燕山荘の支配人(黄色の方)


 


と大天荘の支配人です。


 


お二人が案内してくれました。


 


【画像:525326.jpg】

525326.jpg

 


 


 


ここでお昼にしたあとで


 


雪の斜面を使ってのアイゼン歩行の仕方、ピッケルの使い方、トラバースの


 


仕方、滑落したときの対処など実際にやってみます。


 


 


 


ちょっと雑然とした写真ですが登り下りの練習の様子。


 


【画像:525328.jpg】

525328.jpg

 


 


トラバースの練習に続いて


 


下の写真は滑落停止の練習。


 


(このお二人はスタッフです)


 


実際に斜面をこぶっちょも「落ちてみる」のですがこれが早い!!


 


滑り始めてスピードがついたらまず停止するのは無理です。


 


 


 


それでもすべりはじめの初期ならなんとか止めようと努力しないと、、このあとは・・・・


 


これ、実はあとで実際に役にたった方がいたのでありました。。。


 


 


【画像:525329.jpg】

525329.jpg

 


 


 


「練習」しているうち舞っていた雪は


 


「降ってきた」に変わってきました。


 


【画像:525327.jpg】

525327.jpg

 


 


風も強まってきました。


 


じっとしていると寒くてたまりません。。。


 


 


 


ふたたび出発であります。


 


【画像:525330.jpg】

525330.jpg

 


 


 


やがて稜線あたりにきましたが、ますます風が強くなり


 


地吹雪のような状況に。


 


雪は「降る」ではなく谷底から吹き上がってきます。


 


顔に雪が当たってもはやイタイ。。。


 


カッパではなくハードシェルでもまったくおかしくない状況です。


 


【画像:525331.jpg】

525331.jpg

 


 


【画像:525332.jpg】

525332.jpg

 


 


本来はこのあたり、山々が見えるはずなのですが


 


隣の常念山脈さえ全く見えません。


 


 


 


もうすぐ山荘だと思われますが山頂方向は全く確認できません。


 


【画像:525333.jpg】

525333.jpg

 


 


このあたりの標高は、おそらく2,600メートルあたりだと思われます。


 


稜線で強風。


 


このあたり、谷に滑り落ちるなどということはまずないはずでありますが


 


上のもうひとつ上の写真のように右側が急な谷。


 


じっと谷側をのぞくこぶっちょでありました。。。


 


 


吹雪のなか「もうそろそろ山荘か~」と思ったころ


 


ようやく山荘に。


 


燕山荘の写真は既にアップ済みなので、到着時のつばくろ岳の様子を。


 


【画像:525334.jpg】

525334.jpg

 


 


写真では、風は左から右方向に吹いているのですが


 


右側の谷がまったく吹雪の中です。。。。。


 


 


 


 


 


夜にはスタッフが冬山の話などをしてくれて、たのしい時間を過ごしまた。


 


が、


 


ストーブが数個あるのですが近くにいないと「寒い」。。。


 


ワインはスタッフが振舞ってくれましたよ。


 


【画像:525335.jpg】

525335.jpg

 


 


 


消灯は21時で20時45分くらいまで話をして就寝です。。。。


 


 


 


 


翌日の山荘前からのご来光


 


5月15日(日)朝4時半ごろ


 


【画像:525336.jpg】

525336.jpg

 


 


 


寒風で猛烈に寒いのでありますが、良い瞬間を迎えることができました。


 


 


 


 


燕岳の山頂へと向かう前の1枚


 


【画像:525339.jpg】

525339.jpg

 


 


春山のつもりででかけましたが


 


思いもかけない吹雪。


 


実りのある燕岳でありました。


 


 


これで「燕岳」はおしまいです。


 


 


 


 

関連記事

温泉にて・・

 


今回のつばくろ岳行き


 


安曇野の「有明荘」に前泊いたしました。


 


前泊でなくても、当日早朝に車で到着すれば良い、、、とも思いましたが


 


ここは余裕をもって、との思いで結局前泊することに。


 


 


山行なので正直言うと、山荘風なのかと思っていました。


 


到着したらこれがすっかり、意に反しりっぱな施設でありました。


 


 


露天風呂


 


 


【画像:525035.jpg】

525035.jpg

 


 


この日はオンシーズンでもないため宿泊客は10名ほど。


 


ゆったりの温泉であります。。。。


 


ちなみに、露天風呂にはこぶっちょだけであります。


 


 


 


 


安曇野 「有明荘」の全景


 


【画像:525036.jpg】

525036.jpg

 


 


 


 


 


晩ご飯


 


【画像:525039.jpg】

525039.jpg

 


 


お品書きもあります。。。


 


【画像:525038.jpg】

525038.jpg

 


 


こんなにご馳走があるとは正直思っておりませんでした。


 


せっかくのご馳走なので「ついでながら」地酒の冷酒もいただいちゃいました。。。。。


 


 


【画像:525040.jpg】

525040.jpg

 


 


 


朝ごはん


 


【画像:525041.jpg】

525041.jpg

 


 


 


・・・思いのほか贅沢、山行となったのであります。


 


 


オフシーズンだけあって、部屋も空いていて


 


八畳の部屋でぐっすり?休んだのであります。


 


(広すぎてかえって落ち着かなかった?・・・)


 


 


 


5月13日(金)


 


安曇野 有明荘


 


 


ーーーつばくろ岳登山を順不動で記事を載せておりますーーー


 


 

関連記事

山風景(槍ヶ岳、針ノ木岳)

【画像:524618.jpg】

524618.jpg

 


 


つばくろ岳から中房方面へと向かう下山道から見える「槍ヶ岳」


 


右側の尾根は東鎌尾根のようです。


 


これ以上下ると、もう槍の姿は見えなくなります。


 


 


 


 


もうひとつ


 


針ノ木岳(正面奥の三角の山)


【画像:524718.jpg】

524718.jpg

 


今回はこの写真だけを。


 


順不動で載せているため写真の整理ができず。


 


整理ができましたら、またアップさせていただきます。。。。


 


 


 


タイトルの修正と


針ノ木岳の写真を追加しました。


 

関連記事

つばくろ山頂と奇岩いろいろ

 


 


【画像:524319.jpg】

524319.jpg

 


 


5月15日(日)


 


つばくろ岳山頂へ向かいます。


 


(アイゼンは不要でした)


 


 


 


山頂はというと、


 


自分が登ってしまうと


 


写真は・・・


 


無い・・・・


 


やむなく、燕山荘のHPより借りました。


 


20人ぐらいでいっぱいの山頂です。


 


(お借りした写真)


【画像:524320.jpg】

524320.jpg

 


 


 


 


頂上の標です。


 


【画像:524321.jpg】

524321.jpg

 


 


 


 


槍ヶ岳をバックに記念写真を


 


【画像:524322.jpg】

524322.jpg

 


 


 


山荘からは見えなかった「剣岳」


 


(奥真ん中の尖った山)


 


【画像:524323.jpg】

524323.jpg

 


 


 


 


 


これで山頂を後にしますが、奇岩が・・


 


 


イルカ岩


 


【画像:524324.jpg】

525324.jpg

 


 


 


 


めがね岩


(岩に二つの穴があいているからだそうです)


 


【画像:524325.jpg】

524325.jpg

 


 


 


ゴリラ岩


【画像:524326.jpg】

524326.jpg

 


 


 


 


「ゴリラ」は山小屋付近にあり槍ヶ岳方面を向いているようです。


ちなみに左は「あしか岩」と呼ばれているそうです。


 


【画像:524327.jpg】

524327.jpg

 


 


 


 

関連記事