2011年02月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

大和の国「龍王山」その3

まずは、


 


パソコンが復旧しホッといたしました。


 


また再開できることとなりました。


 


 


 


 


大和の国「龍王山」 その3です。


 


「龍王山」は天理市にある山で標高は585メートルです。


 


 


 


 


 


「北城跡」「南城跡」の分岐付近にある案内図


 


 


【画像:498381.jpg】

498381.jpg

 


 


 


 


この辺りから、頂上の「南城跡」方面へと向かう方々。


 


1時間ほど前まで雨だったので、皆さん服装はマチマチです。


 


 


【画像:498382.jpg】

498382.jpg

 


 


 


 


やがて「南城跡」の案内板に到着。


 


(案内板の後ろ側が登山道です)


 


 


 


【画像:498383.jpg】

498383.jpg

 


 


少しのぼると頂上へ


 


(結構風が冷たいのでありました。)


 


 


【画像:498385.jpg】

498385.jpg

 


 


三角点


 


 


【画像:498384.jpg】

498384.jpg

 


 


龍王山頂上(「南城跡」)から見える山景色。


 


曇りではっきりしませんが金剛山、葛城山などの山々を見ることができました。


 


【画像:498394.jpg】

498394.jpg

 


 


 


下山道を少し下りたところにある


 


お不動様


 


【画像:498395.jpg】

498395.jpg

 


 


 


(しっかり帽子をとってお参りいたしました)


 


 


 


下山した場所には祟神天皇陵が


 


【画像:498396.jpg】

498396.jpg

 


 


 


お不動様から少し下りたところには「古墳群」があり


 


見られた場所もあったようでしたがサッと通り過ぎてしまいました。


 


中を見なかったのが少し残念ではありました。


 


 


これで「大和の国 龍王山」はおしまいです。


 


 


「大和の国 龍王山」その1はこちらです



https://iiiro.jp/blog/kobuttyo/164599.html


 


 


「大和の国 龍王山」その2はこちらです



 


https://iiiro.jp/blog/kobuttyo/164689.html


 


 


 


 


 

関連記事
スポンサーサイト

大和の国「龍王山」その2です

大和の国「龍王山」 その2です


 


 


 


「龍王山」は天理市にある山で標高は585メートル。


 


「龍王山城」という城跡があって、北城と南城の二つに分かれており


 


奈良県に残る城跡としては最大級との説明もありました。


 


 


 


 


頂上へと向かう登山道。


 


比較的ゆるやかで階段状に整備されていて歩きやすい道です。


 


【画像:497438.jpg】

497438.jpg

 


 


 


階段上の道を進み稜線などを歩くと、やがて「北城城跡」の道標が。


 


【画像:497439.jpg】

497439.jpg

 


 


 


「北城跡」前には「土塁」の案内看板がありました。


 


 


う~ん


 


塁」???


 


それはさておき城跡へ向かいます。


 


【画像:497440.jpg】

497440.jpg

 


 


 


看板からほんの少し登った場所にある「北城跡」


 


平に均したのであろう平地で、特に何か残っているわけではありません。


 


【画像:497441.jpg】

497441.jpg

 


 


ここから見える眺望


 


西の方角で御所市方向を見ています。


 


【画像:497446.jpg】

497446.jpg

 


 


雨上がりで山の景色がまだはっきりしませんが「葛城山」がぼんやりと見えます。


 


 


 


手前に見えているのは「祟神天皇陵」


 


ここでほんの少し休憩し、おやつなどを食べて山頂の


 


「南城跡」へと向かいます。


 


 


 


その1の記事はこちらに


 


https://iiiro.jp/blog/kobuttyo/164599.html


 


 


 

関連記事

大和の国「龍王山」を歩きました


 


 


 


2月17日(金)


 


天理市 「竜王山」を歩きました。


 


前日は本降りの雨。


 


予報によると17日は天気は回復傾向とのことにより


 


予定どおり出かけました。


 


(結果的には朝の歩き始めは雨、徐々に回復しまあまあの天気となりました)


 


バスツアーでの参加です。


 


 


 


出発地点の「長岳寺」門前


 


写真ではわかりにくいのですが雨で、カッパなどで準備です。


 


 


【画像:497134.jpg】

497134.jpg

 


 


 


ここから「竜王山」向かって出発


 


登山道は門の向こう側になります。


 


 


【画像:497135.jpg】

497135.jpg

 


 


龍王山は「龍王山城」という山城があった場所で、標高585メートルに


 


築かれた城との説明があります。


 


 


 


 


今回のコースです。


 


【画像:497136.jpg】

497136.jpg

 


左側の上が出発地点の「長岳寺」


 


右へと進み右側の入り組んだところを一旦上側に進み


 


「北城跡」を見て折り返し。


 


山頂の「南城跡」へと向かい下側のルートで下山。


 


下山途中で「お不動さん」を見て「祟神天皇陵」へと向かいます。


 


 


 


標高差は約500メートルです。


 


【画像:497137.jpg】

497137.jpg

 


 


 


登りはじめの登山道


 


 


雨にぬれた登山道をそぼ降る雨のなかを


 


てくてくと歩きます。。


 


 


【画像:497138.jpg】

497138.jpg

 


 


 


 


 


 


 

関連記事

藤原岳を歩きました

【画像:492846.jpg】

492846.jpg

 


 


 


2月5日(土)


 


三重県 藤原岳を歩きました。


 


藤原岳は標高1,140メートル


 


日本300名山の一つに数えられています。


 


春の花の名山としても知られていますが


 


雪解けの藤原岳は八合目あたりから


 


ぬかるんであるきにくいのであります。


 


春には福寿草、秋には紅葉と楽しめ人気の山です。


 


 


今回は雪の積もった藤原岳を歩いてみました。


 


 


 


 


上の写真は藤原岳の頂上へと向かう道?です。


 


 


このあたりで積雪は1メートルくらいあるのではないかと思います。


 


 


ストックを雪にさしてみました。


 


 


【画像:492849.jpg】

492849.jpg

 


 


 


【画像:492850.jpg】

492850.jpg

 


 


ほとんど埋もれてしまいました。


 


積雪でも人気の山らしく踏み跡がしっかりとついています。


 


踏み跡をはずさなければ沈み込む心配はありません。


 


 


【画像:492847.jpg】

492847.jpg

 



藤原岳


 


 


 


五合目あたりからはアイゼンが必要です。


 


踏み跡を辿るのでワカン持参しましたが不要でありました。。。


 


 


 


【画像:492848.jpg】

492848.jpg

 


藤原岳頂上にて


 


(今回は天狗岩には行きませんでした)


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

関連記事

熊野古道「町石地蔵」

【画像:491471.jpg】

491471.jpg

 


 


 


熊野古道 八鬼山の


 


町石地蔵


 


 


【画像:491472.jpg】

491472.jpg

 


 


 


四十町の文字が読める


 


一丁は約109メートル


 


麓から一丁ごとに置かれていたといい


 


これは四十番目


 


尾鷲から熊野へと向かう古道の


 


尾鷲側の入り口から約4,300メートルの位置にあることになる。


 


町石地蔵は


 


三木峠の北側にしかなく


 


南には無い。


 


順番に全てがあるわけではなさそうだ


 


とびとびに、ところどころに・・


 


 


【画像:491492.jpg】


491492.jpgt; PADDING-RIGHT: 0pt; PADDING-TOP: 0pt"> 


 


ときにはまとまって・・・


 


【画像:491491.jpg】

491491.jpg

 


 


 


石組の道


 


 


 


【画像:491470.jpg】

491470.jpg

 


 


 


 


【画像:491473.jpg】

491473.jpg

 


 


 


【画像:491474.jpg】

491474.jpg

 


 


 


普段、山歩きのときは


 


なにも考えない。


 


ひたすら歩くだけだ。


 


なにを考えているわけではない。


 


 


 


今回はちょっと違った。。。


 


 


 


「よくこれだけの石を敷いたものだ」


 


「しかもこの山の中に・・・」


 


 


素直に思った。


 


しかもただ敷いてあるわけではなさそうだ。


 


路を造るために石垣を組んだところもある。


 


 


 


今は登山靴で歩いているものの


 


先人たちは「わらぞうり」か?


 


 


やはり「難所」だ


 


 


 


 


それにしても、石垣の下をのぞいてみると


 


崩れている石があったり


 


 


古道の敷石がずれてめくれてたり・・・(歩き回る我々のせいか・・)


 


・・・痛んでいくのではないか・・と


 


ふと思った。


 


 


 


先人たちが汗水ながして造ってくれた路は


 


雰囲気のある良い路でありました。


 


 


 


 


熊野古道 八鬼山 は


 


これでおしまい


 


 


    -----    -----    -----    -----    -----


 


次の山行まで


 


お休みにいたします。。。。。


 


 

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。