カテゴリ:11.花 の記事一覧

ササユリ、夏椿

日帰り温泉施設「水晶の湯」付近の「月見の森」に「ササユリ園」があるのを知ったのは、一カ月ほど前のこと。

そろそろ咲くころと見定めて出かけてみた。

「ササユリ園」となっていたことから群生でもしているのか、と思っていたが、ようやく数輪咲いているのを見つけることができた。

↓は最初に見つけた花。獣よけなのか人間よけなのかネットがあり、しかも花まではかなり遠い。

ようやく写った。
1-1_20180614181500aa5.jpg


ササユリにしては少々色が白い。

2-2_2018061418150264f.jpg  


↓夏椿の白い花。近くを歩いていた初老のご夫婦が教えてくれた。

4-4_20180614181506fc6.jpg 


5-5_201806141815070ef.jpg 


6-6_201806141815107f1.jpg 


ややピンクがかった美しいササユリがあった。

7-7_20180614181511ddf.jpg 

この花を撮ったあとで電池切れとなり写真は終了。

あじさいがきれいでありましたが電池切れでは仕方がないですね。

ササユリはすべてネット越しの撮影でありました。

ハイキング道を歩き温泉も楽しんで帰宅となりました。

おしまい。









 



    
スポンサーサイト

バラ園

5月24日木曜日岐阜県可児市の「花フェスタ記念公園」のバラ園を見に行った。
この公園は「花フェスタ1995ぎふ」の会場を岐阜市が再整備したもので80.7㌶の敷地内に約7,000品種30,000株のバラが植えられて
いて世界最大級のバラ園となっている←HPより引用
前日は雨降りだったため、小さなバラの花はこうべをたれていて元気が無いように見えた。
また、今年は暖かい日が続いていたためバラの開花は進んでいて
傷んだ花も多かった。


1-1_20180525104733a88.jpg 


2-2_20180525104735753.jpg 


3-3_20180525104746fce.jpg 

4-4_20180525104740ffb.jpg 


バラのトンネルの一部。
5-5_20180525104744c9d.jpg 


6-6_20180525104746fd1.jpg 



バラのかぐわしい香りのなか、広い園内を歩き回り当日の歩数10,469歩だった。
帰りは日帰り温泉「三峰の湯」でのんびりして帰ってきた。
バラ園も温泉も自宅からはだいぶ距離があるが、バラ園の年間パスポートも買ったことだし
またでかけてみようと思う。
(当日入園券1,000円で年間パスポートで2,000円だった。)




茶臼山高原天空の花回廊


5月16日水曜日 愛知県の最高峰茶臼山1,415mに行ってきた。

この時期は天空の花回廊と称し芝桜祭りが開催されている。

ウイークデーならば混雑は避けられるかもと行ってみたが

駐車場到着が13時頃となったこともあり、結構混雑していた。

ともあれ芝桜会場に二番目に近い駐車場にほどなく止めることができた。

駐車場からは歩いて30分ほどで行くことができるがリフトを利用した。

理由はリフトの足元に咲いている様子を見るにはリフトに乗るしかない。

ということで、足元に咲いている様子。
4-4_201805171124164f2.jpg 

茶臼山山上の斜面に芝桜

遊歩道あります。
1-1_2018051711062598c.jpg 



遊歩道歩いて芝桜の丘頂上付近から下方を見る。

2-2_20180517110625c6f.jpg 

フィッシュアイでも撮ってみた。

3-3_20180517110627803.jpg 

芝桜の奥側に見えるこんもりとした山は萩太郎山1,358m。

以前に山歩き目的では御太郎山、茶臼山とも歩いているが駐車場から歩いて30分ほどなので

お手軽にハイキングを楽しむことができます。
5-5_20180517112929309.jpg 



おしまい



アイスチューリップ



P105053アイスチューリップ1 



アイスチューリップ2



2月27日のこと。

お昼の地方ニュースを観ていたところ

アイスチューリップが咲き見ごろを迎えているとの話題があり

木曾三川公園に見に行ってきました。

↓説明のとおり「勘違いさせて冬咲きとして咲かせたものです。

約20,000本だそうです。
3説明案内 

行ってみたらやはり多くの方々がニュースを観て出かけてこられていたようです。




ユウスゲ

ユウスゲ1-1 



ユウスゲ


花はその名のとおり夕方に咲き翌日には終わる一夜花
つぼみは沢山つき次次と花は毎日咲くので毎夕楽しめます。
これは実家の庭に咲いているもの。
野山で自然のものを観察する機会は少ないと思われます。