カテゴリ:八ヶ岳 の記事一覧

登山道にて・・・

 


先日の八ヶ岳の登山道で見た風景を


 


まとめて載せます


 


 


霧の登山道やら


 


青苔の林やら


 


きのこなど


 


 


 


 


 


霧の登山道


下山時の朝です


 


【画像:454235.jpg】

454235.jpg

 


 


 


同じく、うっすらと霧の青苔の林


【画像:454236.jpg】

454236.jpg

 


 


 


ウラシマツツジ


(これは横岳近辺にて)


【画像:454232.jpg】

454232.jpg

 


 


 


緑のなかにポツンときのこ


 


【画像:454233.jpg】

454233.jpg

 


 


 


 


緑のシダ?にポツン、と小さな花のようなもの


 


【画像:454234.jpg】

454234.jpg

 


 


八ヶ岳は青苔の風景がきれいです


 


9月下旬には紅葉は全くありませんでしたが


 


今頃は紅葉が始まっているかもしれません


 


 


 


色づき始めた葉


 


【画像:454237.jpg】

454237.jpg

 


 


 


 


 

スポンサーサイト

ヘリがキター!(後、赤岳頂上へ登頂)

赤岳展望荘で休憩していると


 


山小屋スタッフから、案内が


 


「ヘリが来るので、ここはどいて山側へ登るか少し下ってください」と。


 


当然下るわけにはいかないので、登ります。


 


 


 


しばらくすると、「お約束どおり」に


 


キター!


 


 


【画像:452242.jpg】

452242.jpg

 


 


近づいてきました。


 


【画像:452243.jpg】

452243.jpg

 


 


更に近づいてきました!


 


オペレーターの顔まで確認できます。


 


【画像:452244.jpg】

452244.jpg

 


 


(って、ズームで撮っただけですけど。。。。ね)


 


 


山小屋への荷揚げです。


 


こんなに近くで様子を見たのははじめてです。


 


【画像:452245.jpg】

452245.jpg

 


 


 


あっという間の作業で


 


荷を降ろしたら速、麓に下降して行きました。


 


 


 


 


【画像:452246.jpg】

452246.jpg

 


 


 


 


それは、それとして


 


ここでようやく赤岳の山頂へ向かいます。


 


 


 


赤岳展望荘からは40分ほどですが、これが結構急登。


 


長い鎖場を登らなければなりません。


 


 


 


途中で、赤岳展望荘を見下ろしてみます。


 


【画像:452247.jpg】

452247.jpg

 


 


 


 


赤岳頂上小屋に到着


 


(写真はネットより借りました)


 


【画像:452248.jpg】

452248.jpg

 


 


(同じくネットより借りました)


 


【画像:452249.jpg】

452249.jpg

 


 


 


ここで、赤岳の頂上がようやく見えました。


 


(小屋はこの写真の左側になります)


 


【画像:452250.jpg】

452250.jpg

 


 


 


 


頂上の様子


 


祠があります。


 


【画像:452251.jpg】

452251.jpg

 


 


 


 


祠の写真では、頂上らしく見えないので


 


お約束の標柱を。


 


2,899メートルの頂上です。


 


【画像:452264.jpg】

452264.jpg

 


 


 


これで、登山の様子は一区切りにします。


 


あとは、登山道の風景ほかこぼれ話などを


 


ぽちぽちと載せたいと思います。


 


 


 


 

硫黄岳から横岳へ

 


 


 


 


 


硫黄岳から下りて、横岳に向かいます。


 


横岳は、2,829メートル。


 


南八ヶ岳の主峰赤岳の2,899メートルの次に高い山です。


 


登山道は鎖場やハシゴが連続する結構険しい稜線で


 


結構楽しく、スリルも味わえます^^


 


【画像:451899.jpg】

451899.jpg

 


 


山頂に着きました。


 


 


 


【画像:451900.jpg】

451900.jpg

 


 


 


ここを下って、いよいよ赤岳に向かいます。


 


これがまたまた結構楽しい下りが・・・・


 


(横岳への登りも結構楽しい道でしたよ)


 


【画像:451901.jpg】

451901.jpg

 


 


 


【画像:451918.jpg】

451918.jpg

 


 


 


 


 


 


 


 


やがて、二十三夜峰(とがった岩)の向こうに赤岳が見えてきました。


 


 


【画像:451902.jpg】

451902.jpg

 


 


 


どのこ山に登ってもそうなのですが


 


ずっと、気になっていた山。


 


どこだどこだと、ついつい探してしまう山。。。


 


 


 


 


「富士山」


 


 


 


 


ようやく姿を見ることができました。


 


 


赤岳の左側に控えめに姿を見せてくれました


 


 


富士山が見えるとなぜか嬉しいものですね。。。。


 


 


【画像:451903.jpg】

451903.jpg

 


 


 


 


 


こちらの写真ははるか下方の


 


行者小屋を見ています。


 


下山はここに向かって下って行きます。


 


 


【画像:451905.jpg】

451905.jpg

 


 


 


さらに行者小屋の右側に幕営地の赤岳鉱泉


 


テントは15張りくらいありましたが、この時間(午前10時半ごろ)


 


すでにほとんどありません。


 


(実際は遠いのですが、ズームの写真しかありませんでした)


 


【画像:451906.jpg】

451906.jpg

 


 


 


 


 


 


ようやく赤岳展望荘に到着。


 


ここで一休みしてから赤岳です。


 


【画像:451907.jpg】

451907.jpg

 


 


 

硫黄岳の爆裂火口

前回のアップで一緒にとも思ったのですが


 


写真が多すぎるかも、と思い硫黄岳の記事を2回に分けさせていただきました。


 


 


硫黄岳の爆裂火口です。


 


【画像:451428.jpg】

451428.jpg

 


 


 


 


 


こちらの写真の、断崖側上部は歩けるようにはなっておりますが


 


先端まで行ったところで、景色に変わりはなく


 


意味は無いので途中まで歩いてやめました。


 


【画像:451429.jpg】

451429.jpg

 


 


「爆裂火口」というのは広辞苑によると、


 


「火山噴火の際、火山体の一部が吹き飛ばされて生じた火口」


 


とあります。


 


ですから、火口といっても丸い形ではなく、特にここは断崖になっています。


 


断崖の向こう側の景色は佐久側から清里の方角です。


 


 


 


 


 


【画像:451430.jpg】

451430.jpg

 


 


ロープより先は決して行ってはなりません


 


 


 


 

硫黄岳

「赤岩の頭」をすぎて、30分ほどで硫黄岳の頂上に到着しました。


 


標高が2,760メートルほどの地点


 


 


【画像:451178.jpg】

451178.jpg

 


 


頂上はこんもりとして広い台地のようになっています。


 


【画像:451179.jpg】

451179.jpg

 


 


このあたりで、ようやく登山者に会うことができました。


 


複数ルートがあるのでわかりませんが、硫黄岳山荘あたりの宿泊客


 


かもしれません。


 


 


【画像:451180.jpg】

451180.jpg

 


 


 


こちらは、諏訪湖の方面


 


【画像:451181.jpg】

451181.jpg

 


 


 


北アルプスの「槍ヶ岳」を見ることができました。


 


【画像:451182.jpg】

451182.jpg