カテゴリ:黒斑山 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

蛇骨岳方面~下山

 


黒斑山の続きです。


 


蛇骨岳方面への稜線を歩きます。


 


左から、蛇骨岳、仙人岳、鋸岳と続いています。


 


【画像:462416.jpg】

462416.jpg462475.jpg

 


 


 


 


 


【画像:462417.jpg】

462417.jpg

 


 


 


 


【画像:462423.jpg】

462423.jpg

 


稜線の終点Jバンド


 


【画像:462418.jpg】

462418.jpg

 


 


急な下り坂に


 


【画像:462424.jpg】

462424.jpg

 


 


賽の河原から稜線を見ます。


 


【画像:462425.jpg】

462425.jpg

 


 


 


賽の河原、湯ノ原平原とあるき


 


草すべりへの分岐へ


 


【画像:462479.jpg】

462479.jpg

 


 


 


ここで再びトーミの頭まで登り返します。


(この時間は山頂は雨模様で、左のこんもりしたところがトーミの頭)


 


【画像:462475.jpg】

462475.jpg

 


 


 


登り返したトーミの頭から中コースへの分岐


【画像:462476.jpg】

462476.jpg

 


 


 


下山です。


【画像:462477.jpg】

462477.jpg

 


 


 


この後は台風の影響で雨そして渋滞


 


ひたすら運転し愛知へと帰りました。


 


 


最後はだいぶ急いで書いてしまいました。


 


これで


「浅間山を見に黒斑山へ」はおしまいです。


 


 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 


余談です


 


 


実は、今回は縦走までは考えてはおらず


黒斑山の頂上から折り返して下山する。が予定でした。


 


ガイドブック地図のとおりに歩く予定で来たのです。


 


 


予定を変えたのは、黒斑山の頂上でお話した


京都からのご夫婦のお話からでした。


 


「せっかくここまで来たのに下山はもったいない。


縦走したらどうですか?」と勧められました。


 


 


確かに時間には十分余裕があり


縦走するには十分なのですが・・・


 


冒頭の話のとおり、今回はガイドブックのコースのとおりに歩いて


帰宅する。が予定だったため


(広域の地図を持って行ったものの)


縦走するような細かな地図を持っていなかったのです。


 


ご夫婦にその旨の話しをすると


「それでは、私たちはそれぞれ1枚ずつ地図を持っているので


1枚差しあげます」と。。。


 


 


 


ご夫婦曰く


「そういえば私たちも昔、地図をもらったことを思いだしました」


とニコニコしながらおっしゃいました。


 


 


地図をいただいたおかげで


今回このように安心して歩くことができました。


 


ご夫婦は前掛山へと行かれました。


 


 


この記事を見ていただいているとは思われませんが


 


「ありがとうございました」


 


そして、反省です。


 


今更ながら


 


「必ず持って行くべし」


 


反省です。。。


 


 


 


 


 


 

スポンサーサイト

浅間山

浅間山の全景写真です。


 


縦走の記事で載せようかとも思いましたが


 


ここで載せることにしました。


 


黒斑山山頂付近からのものです。


 


【画像:462093.jpg】

462093.jpg

 


 


下側に黄色く見えるのは落葉松の黄色です。


 


(黒斑山の縦走ではもっと間近に迫ります)


 


 


 


そして、昨日の写真ではちょっと確認できなかった山頂付近の登山者。


 


この写真がありました。


 


【画像:462094.jpg】

462094.jpg

 


これなら、なんとなく立っている人たちが確認できるかと。。。


 


こぶっちょは登っていないのですが、登山者が立っているところは


 


「前掛山」


 


「浅間山」として登れるのはここが限度です。


 


 


 


火口は左側になります。


 


 


この黒斑山からでは火口は確認できませんので


 


前日に登った、四阿山からの浅間山の写真を載せます。


 


 


【画像:462095.jpg】

462095.jpg

 


多分、たぶん、ですが前掛山の登山者はこの火口が見えている


 


のだと思います。


 


 


縦走の記事は、(話の)つなぎがうまくいかないので


 


次にいたします。。。


 


 


 

黒斑山(浅間山を見に)

462476.jpg462417.jpg

黒斑山(くろふ山)のその2です。


 


登り始めたころに見た山


 


カラマツが色づいています。


 


 


 


【画像:461560.jpg】

461560.jpg

 


 


 


【画像:461561.jpg】

461561.jpg

 


 


 


 


 


一方、こちらはというと青々と。


 


となりあった山でもこうも違うものなのですね。


 


 


 


この青々とした山が黒斑山です。


 


(もちろん登山道には落葉松も沢山ありました)


【画像:461562.jpg】

461562.jpg

 


後でわかったことですが、青々としているのはこちら側だけ。


 


この裏側は浅間山の噴火口の一部?のようで


 


断崖です。


 


 


 


 


やや急な登山道ではありますが、良く整備されていて


 


階段もあります。


 


 


 


やがて槍ヶ鞘の避難小屋に到着


 


 


避雷と噴火時の兼用でしょうか


【画像:461563.jpg】

461563.jpg

 


中をのぞくと


 


 


 


なにも無い・・


 


【画像:461564.jpg】

461564.jpg

 


ここからもうひとふんばりすると


 


赤ゾレの頭に到着です。


 


 


 


ここで、ようやく浅間山が眼前に。


 


【画像:461566.jpg】

461566.jpg

 


左側がトーミの頭に通ずる道です。


 


 


 


 


(少々おじゃまではありますが「記念写真」を)


 


【画像:461567.jpg】

461567.jpg

 


 


 


ここから、もうひとふんばりしてトーミの頭に向かいます。


 


 


こちらの写真はトーミの頭を過ぎたところから撮ったものです。


 


(右の岩がトーミの岩)


 


 


 


【画像:461574.jpg】

461574.jpg

 


 


あまりにも景色が良かったので、


 


最初はここが黒斑山の頂上と勘違いしていました。


 


他の登山者と話をしているときに気がつきました。


 


 


こちらでした。


 


【画像:461576.jpg】

461576.jpg href="http://blog-imgs-46.fc2.com/k/o/b/kobuttyo023/blog_import_4f5c763aa50f4.jpg" target="_blank">461562.jpg

 


 


更にもうひとふんばりして、黒斑山頂上です。


 


 


【画像:461579.jpg】


 


 


そして、黒斑山の頂上から見た


 


「浅間山」


 


浅間山はこの黒斑山から見る風景が最も美しいとの話で


 


良く写真家が撮る初冬の黒と白のまだらの浅間はこのあたりから撮ったものです。


 


 


【画像:461580.jpg】

461580.jpg

 


 


(この写真は小さいのでわかりませんが手前の「前掛山」を


 


歩いている登山者の姿が肉眼でもみえました。)


 


【画像:461581.jpg】

461581.jpg

(やっぱり見えませんね稜線上にポチッポチット見えるのが人です)


 


 


このあとは、縦走へと向かいます。


 


 

浅間山(黒斑山へ)

10月24日(日)に


 


長野県、黒斑山(くろふ山)を歩きました。


 


黒斑山は2,404メートル


 


噴煙をあげる浅間山の外輪山です。


 


その頂上あたりからは、浅間山を間近に見ることができます。


 


 


ルート


 


高峰高原駐車場→(表コース)→非難小屋→トーミの頭→黒斑山→


 


→蛇骨岳→仙人岳→Jバンド→山ツ石→賽の河原→湯の原高原→


 


→草すべり→(再び)トーミの頭→(中コース)→高峰高原駐車場


 


7時間くらいのコースです。


 


 


コース


 


【画像:461285.jpg】

461285.jpg

 


(コース写真が小さかったようです。左はしが出発点。


下側のコースに入り交差したあたりで上部コースに入り、右側に回り込んで戻ります。)


 


 


 


 


高度


 


【画像:461286.jpg】

461286.jpg

 


 


 


登山道入り口


 


【画像:461284.jpg】

461284.jpg

 


 


こちらは、朝7時ごろの


 


八ヶ岳


 


高峰高原ホテル近辺より撮影しました。


 


 


【画像:461287.jpg】

461287.jpg

 


 


 


黒斑山を少し登ったあたりから見た


 


八ヶ岳。


 


【画像:461288.jpg】

461288.jpg

 


右が蓼科山


 


左に赤岳と連なって見えます。


 


 


 


 


 


 


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。