カテゴリ:御在所岳 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

御在所岳

久々に御在所岳へ


今日も暑くなりそう


出発は7時




1-1_201608052210470b6.jpg 

中道登山道








2-2_20160805221049723.jpg 

おばれ岩

この写真を撮ったところで気がついたのですが

残置ハーケンが2個

以前は無かったのに

皆が景観を楽しむ名物岩

ちょっと残念であります。




3-3_20160805221049836.jpg 

半分ほど登ってきましたが

雲がまいていて山頂方向は見えません。


それにしても

それにしても

それにしても

暑い~~~~~~

風もなく修行としか言いようがない。




4-4_20160805221051f94.jpg 



地蔵岩



5-5_201608052210545b5.jpg 



キレット通過中

6-6_20160805221147b65.jpg 



山頂到着


暑くて

もうヘロヘロです。


先端の岩にすわり20分ほどすごしました。

ここで25℃ほどです。


ときおり吹く風が心地良いです。








7-7_2016080522114886e.jpg 


山上公園レストラン「アゼリア」前

「カキ氷」の旗に誘惑されて・・・

8-8_201608052211502b3.jpg 


メロンを半分食べたところでイチゴを補給


ここで30分ほど過ごしていたところ徐々に体調復帰

下山することに



9-9_201608052211521bc.jpg 




裏道で下りるつもりでいましたが表道に変更

下山後、車を止めてある中道までの徒歩移動が気になりますが。。。









10-10_201608052211537c1.jpg 

だいぶ下りてきて鈴鹿スカイラインが見えてきました。

後方のとんがりは鎌ヶ岳




11-11_201608052213139c1.jpg 


百聞滝


やっぱり下山も暑い~~~

12-12_20160805221315a2d.jpg 


表道登山道に到着


13-13_201608052213179a2.jpg 


結局30分ほど歩き駐車場へ到着

時間的には裏道登山道利用の方が

もしかしたら早かったのかもしれません。


ここで14時


休憩入れて7時間

水分補給2.5から3リットルの間


暑い暑い暑い~

しかし楽しく歩いた1日でありました。









スポンサーサイト

紅葉の御在所岳



10月27日(日)は

三重の山男さんと

三重県御在所岳を登りました。


今回の登りはこぶっちょは初めての「本谷ルート」。

登山道というよりは、大岩あり、滝ありの難コースで

地図にはそのルートの表示はありません。



岩の急な場所は三点支持をきちんとしないと

登れない場所が多く

三重の山男さんの案内で

楽しく登ることができました。





ルート
1御在所(本谷から中道ルート)のコピーのコピー



2御在所標高本谷から中道 




右方面は中道登山道
左側に橋があり渡ると「山の家」
3_20131103013433523.jpg 




4_20131103013438b57.jpg 


すぐ脇に「本谷ルート」の入口がありました。
5_2013110301344747b.jpg 



谷筋らしく水が流れている。

6_20131103014041947.jpg 



滑りやすい石を慎重に歩き
一つ目の滝へ。
正面が滝ですが左に巻いて行くので、滝は木の陰になって写っていません。

7_20131103014048ebe.jpg 




8_20131103014056b5a.jpg




更の登って二つ目の滝
ここも左に巻いて行きますが
急な登りのルートが続きます。

9_201311030141030f3.jpg 




だいぶ登ってきました。
10_20131103014110b63.jpg






 滑りやすい岩
こうなると立って歩いて行くのは困難。
困難な場所は「四輪駆動」で登ります。

11_20131103015239305.jpg 



前を行く三重の山男さん
12_20131103015247fa6.jpg





先をさえぎる大きな名物岩
下をくぐるようにマークがありますが
「かなり狭い」ということで右を巻くことに。
ただし、右もかなりスベル状態で慎重に巻きました。

13_20131103015253d80.jpg 




ほっとしたところで眺めが良くなってきました。
が、急なガスがかかっていて時折小雨となります。

14_201311030152583ec.jpg 



15_2013110301530435c.jpg 





だいぶ登ってきました。
「大黒岩」の直下

下を見ているので「大黒岩」へは
この右の斜面をよじのぼります。

16_2013110302035379a.jpg 




ということで「大黒岩」に到着
この岩からの眺めは素晴らしいのであります。
17_20131103020407439.jpg





大黒岩から

18_20131103020413712.jpg 


19_20131103020418e7d.jpg 






この直下の谷を登ってきました。
20_201311030204233a4.jpg 






真ん中あたりの一番右に見える白の箇所が駐車場
あの場所から左の谷を登ってきました。





21_201311030212355f9.jpg 



[広告] VPS









鎌ヶ岳方向

22_20131103021241898.jpg 




大黒岩からの景色を堪能した後は
山頂へ向かいお昼といたしました。

 


山頂から「国見岳」方向

強烈な風で寒い。
[広告] VPS









この近くでお昼にして下山です。
P1000213.jpg 






中道の「地蔵岩」

今日は丁度人が立っていたので
岩の大きさがわかりやすいですね。


23_201311030212468aa.jpg 





そしてキレットの岩場
右側に鎖があるのですが渋滞中

三重の山男さんに続いて
左側をよじのぼりました。

P1000224.jpg 




御在所岳を見上げる。
鉄塔の左側が本谷ルートですが
下から見ると、山頂直下はほぼ垂直のように見えます。


24_20131103021252cc0.jpg 



更に下って「おばれ岩」

25_201311030213049e2.jpg 






あとはひたすら歩いて下山です。
朝の場所に戻ってきました。


26_20131103023516f66.jpg 




このあとは

三重の山男さんと「片岡温泉」へ

湯量豊富な源泉かけ流しの日帰り温泉です。



汗を流して

山の話などで楽しくのんびりと過ごしました。


おかげ様で

無事に楽しく登ることができました。

三重の山男さん

ありがとうございました。



御在所岳(下山編)

御在所岳(下山編)


下りようとしたところ、他の登山者に道を聞かれて話し込んだ結果

「裏登山道」入口の写真を撮り忘れてしまった。。。。



仕方がないので昨年3月のもので代用します。
「裏登山道」
この道を利用して下山です。
P3250120.jpg 




登山道脇に咲いていたショウジョウバカマ

1

国見岳への分岐
正面が国見岳
右が下山道

2



裏道も結構大きな石や岩がごろごろしている道です。
写真では見えていませんが伊勢湾方向を見ています。
3






順調に山道を下りていましたが、ふと気が付くと
道が無い。。。。

ここでしばし考え込んでしまいました。
右?左?

どうみてもこの崩落している場所は道ではない。


大きな石にとらわれて足元を見ていて
道を間違えたらしい。

結局、来た道を少し戻って
登山道に戻ることができました~
(左の林の中が登山道です)


4


更に下りてきて
またまた崩落している川原に。

が、ここは登山道です。 

5 


「兎の耳」と呼ばれている岩
クライマーがロープ張って練習中です。
6

○印に沿って歩きます。
7  



藤内小屋の屋根が見えてきました。

8 



国見尾根への分岐
この道は未だ歩いていない。

9 



藤内小屋のベンチで一休みし出発

あと一時間ほどかかります。

(手前左側の二人目が小屋のご主人らしい。
お仲間と話し込んでいましたよ)

10 


「七の渡し」
このあたり、水の流れがとてもきれいです。

11 


更に「四の渡し」を過ぎると
静かな山道となり
鈴鹿スカイライン脇の「裏道登山道」入口に到着です。
12 

鈴鹿スカイラインをしばらく歩き
またしても「裏道登山道」へ

13 


くねくねと歩いて
1合目に到着

14 



車に戻る途中に咲いていたシャクナゲ

P4270163.jpg 




片岡温泉でさっぱりして
終了です。

P4270165.jpg 


お風呂は、陽気が暖かくなったからか
外湯との窓が外されていて
さわやかに入ることができました~


おしまい







 
Comment (-)Trackback (0)

御在所岳(登山編)

4月27日(土曜日)


三重県 御在所岳

久々の御在所岳で、昨年3月に登って以来。

今回は登山編



いろいろルートはありますが、今回も「中道」から入り下山は「裏道」で。
(マップはネットより)
1 

 

歩いたGPS軌道
2 


3 

車は「蔵ノ助」という旅館の駐車場を利用(600円)し、車道を歩いて登山口へ。
4 

ロープウエイ直下
5 

今日は人が多い
6 

おばれ石に到着
ここも写真スポット
7 


見晴の良い場所から頂上方向を見る。
アカヤシオが咲いています。

8 


地蔵岩
皆さんここで写真を。
山ガールがポーズをとってます。
9 

別の角度から
10 


更に登って馬の背あたりから山頂方向を見る。
左右とも落ちていて気持ち慎重に進みます。
11 


キレットの岩場
12 


小学生のグループが挑戦中。。。
先生らしき人が注意事項の声掛けをしています。

13





このあたりで丁度見ごろとなっている「アカヤシオ」を見ることができました。
(下の方は花が散り初めていました)

14 




この岩を右に巻いて右側の平たい岩へと向かいます。

15 


通過して振り返ってみました。

16


平たい岩から下を見る。
丁度強風が吹いてあおられる。
あおられて落ちるといけないのでそそくさと離れる。

下山は白く見えている方向へて下りていきます。
17


山上公園到着
CBCテレビが取材に来てました。

風が強くて寒い。
前日は雪が舞ったようです。
18



見晴らし台から「鎌ヶ岳」方向を見る。
19



山頂の池に咲いていたミズバショウ

20 

シロヤシオはまだまだつぼみ
5月ですね。

21 


スキー場を登って山頂方向へ
このだらだらと続く登りが結構こたえる。
22 

きた道を振り返る。
皆さんもくもくを歩いてきますね。

奥側が通過してきた見晴台の方向。
23



三角点のある頂上に到着
24


通過して最高点へと向かいます。

25



1,209.8mノ最高点へ到着
強風であります。
26  



山頂 360°の風景
[広告] VPS


風の少なさそうなところでお昼に。

(下山編へと続く)




Comment (-)Trackback (0)

御在所岳(帰路)

御在所岳

斜面の紅葉


125.jpg 


129.jpg 


131.jpg 


「大黒岩」という奇岩まで行き、写真に収めたかったのでありますが

渋滞にまきこまれたこともあり、どうやら時間切れ。

斜面の紅葉写真はこれだけとなってしまいました。

これで帰路につくことにいたします。 



この日は強風で寒い1日となりました。
ガスがまいてきます。


[広告] VPS







ロープウエイからの様子

[広告] VPS





今回は、紅葉シーズンということもあり

往復とも車の渋滞。

更に、くだりのロープウエイでは乗り込むまで約1時間かかりました。

登山者の話によると登山道も渋滞とのことでした。



何回か来ていますが

このような混雑は初めてでありました。



これで、御在所岳~国見岳
はおしまいです。 




 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。