カテゴリ:金時山 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

金時山

 
以前に、三重の山男さんから「富士山を見に行きませんか」ということで

お誘いをいただき2月18日(土曜日)に「金時山」へ行ってきました。

金時山は、こぶっちょは昨年12月6日に行っているのですが

当日は雨で富士山は全く見ることができなかったのでありました。

はたして今回は……


ここでいきなり余談であります。。。。

本日2月23日は「ふ(2)じ(2)さん(3)」で、富士山の日だとか。。。
富士山は高いのに「富士岳」とは言わないのか、
「岳」は字を見るとよくわかりますが、山の上にある丘を指します。
北アルプスという大きな山(脈)の中の槍ヶ岳、というような。
富士山はそれ単体で地上から隆起しているので、富士「山」だとか。。。

(このお話は山道具屋さんからのメールマガジンを一部引用しております)




本題に戻ります。

前回の奈良「高見山」に続き

またしても、三重の山男さんに迎えにきていただき

自宅を5時に出発であります。


↓ 朝6時すぎごろ東名高速道路上にて撮影

  どうやら天気は期待できそう


金時山1 



登山口が近くなってきました。

金時山3 

公時公園の駐車場近く

右側が登山道に通ずる道のようです。

昨晩に降ったばかりの雪のようで

サクサクと踏みしめて歩き始めます。


金時山4 


登山道途中にあった岩

「金時宿り石」とあります。

ここで雨宿りをしたのだとか…

詳しいことは不明であります。

割れた左側の岩の上部にはツララが見えます。

金時山5 


雪の登山道を登りますが

アイゼンはつけずに歩きました。


突然目の前に現れた富士山

昨年見られなかったこの景色をようやく見ることができました。


金時山6 


記念撮影

右が三重の山男さん

左がこぶっちょです。


金時山7 
 

金時茶屋

ここで軽めのお昼にします。



金時山8 



名物となっている味噌汁

どんぶりに入っていて具だくさん

ほっと一息です。

 
金時山9 



このあと、やや年を重ねたここの金時娘さんが

いろいろとお話をしてくれました。

山に入って、もう65年経ったのだそうです。。。

ここでのきれいな富士山の写真の撮り方もお話してくれました。

上の「記念写真」は金時娘さんのお話にはそぐわないのでありますが、

曰く「富士山を人よりも大きく写るように撮りなさい」でした。



↓ 歩いた道

  小さいですが下の赤の矢印の道を歩きました。


ちなみに、金時山は1,212mの山です。



金時山10 


ひとしきりお話をして下山しようとすると

今度はご主人が「ちょっとこっちに来てみて」と外に誘います。




「朝はもっと良く見えたよ」と。。。。




スカイツリー

白くポチっと見えました~~~^^


金時山11  




下山し「公時神社」へ


金時山12 




境内のマサカリ


金時山13 




公時神社越しに見えている山

奥は金時山です。

ぽちっと小さく見えているのは金時茶屋の付近です。



金時山14 



これで「金時山」を後にし

次の山へと向かうのでありました。。。。

スポンサーサイト

金時山

12月6日(火曜日)は箱根の「金時山」を歩きました。

(バスハイキングを利用しました)

数日前の天気予報では曇り時々晴れでしたが、

ものの見事に、雨となってしまいました。




コースです。

「乙女峠~金時茶屋~矢倉沢峠~仙石原方面へ下山」

このようなコースです。

地図



標高差

標高


ちなみに金時山は神奈川県の箱根町と静岡県小山町の境で、

標高は1,213メートル。

箱根と言っても良さそうな位置です。

金時山は、その名のとおり金太郎伝説発祥の山として知られています。

別名は、山の形から猪鼻山(いのはなやま)または猪鼻岳とも呼ばれています。



乙女峠の登り口

登山道入り口


山歩きには人気の山なので登山道は整備されています。

登山道



曇り空で景色は何も見えません。

登山道からようやく見えた芦ノ湖。

(右側奥)


芦ノ湖1



本来であればこのような景色のはずでした…(>_<)

(写真はネットより。左の山が箱根の大涌谷あたりです)


ネット芦ノ湖


頂上に到着です。

マサカリを持ってみました~

頂上-2

晴れていればこのような景色のはずでした……

(写真はネットより)


ネット金時山頂上


見えるはずの富士山でした……

(ネットより)

ネット富士山



景色は残念でありましたが

ここではもうひとつの楽しみが。


味噌汁


一見どんぶりに入ったうどんのように見えるかも知れませんが、

これ具だくさんの味噌汁です。

きのこがたっぷり入っています。

時折みぞれまじりで気温は4℃の寒空。

冷えた体に染み入りました~~~

(金時茶屋で450円ですが、割引料金350円でいただきましたよ


金時茶屋


金時茶屋


ついでながら掲げられていた看板

かんばん


景色も見えず雨模様

早々に下山することにいたします。


下山道1


下山道2



下山口の千石原に到着です。

千石原



下山道は冷たい雨の最盛期


少々事情があり、休暇までとって行った「雨の金時山」でした。

もし次回に行く機会があるなら、絶対に「休日の晴れ」で行きたいと思います。



おしまい

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これでブログを休んでいた間の記事はおしまいです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。